このドクターなら安心・安全!【手術法別】ヘルニア手術の名医ファイル

ようやく出会えたヘルニア手術の名医

椎間板ヘルニアの治療法と名医を徹底ガイド

椎間板ヘルニアの手術法と名医を徹底ガイド

痛みや痺れがつらい椎間板ヘルニア。皆さんが一刻も早くその苦しみから解放されるため、
経験豊富な名医を3つの手術法別に紹介。切開手術、内視鏡手術、日帰り手術が可能な
「切らないレーザー治療」について、特徴が分かり易いよう5つの指標で比較しましたので、ぜひ参考にしてください。

※サイト内の実績数は各クリニック発表もしくは厚生労働省発表のデータに基づいて掲載しています。

ヘルニア手術の違いを5つの指標で比較

切らないレーザー治療
(PLDD法)

切開の有無 なし
麻酔 局所麻酔
入院期間 日帰り
もしくは1泊2日
後遺症のリスク 他の手術より複雑な工程が少なく、後遺症の報告はほとんどなし
再発のリスク 約4%

【手術の概要】
椎間板に刺した針内にレーザーファイバーを通しレーザー照射。髄核を蒸散させ空洞を作り内圧を下げる方法。

PLDD法の名医はこちら

代表的な切開手術
(LOVE法)

切開の有無 あり(4~5cmほど)
麻酔 全身麻酔
入院期間 約2週間
後遺症のリスク 神経などの組織の損傷による麻痺、髄膜炎などの報告がある
再発のリスク 約10%

【手術の概要】
背中部分の皮膚を切開して筋肉と靭帯を剥離し、医師が直接患部を見ながらヘルニアを切除する手術。

LOVE法の名医はこちら

内視鏡手術
(MED&PED法)

切開の有無 あり(1.6~2cmほど)
麻酔 全身麻酔
入院期間 約4~7日
後遺症のリスク LOVE法よりは低めだが、神経損傷による痛みやしびれが残る場合も
再発のリスク 約5%

【手術の概要】
腰部を背中から小切開して内視鏡を挿入、専用の器具とモニターを使ってヘルニアを除去する方法。

MED&PED法の名医はこちら

切らないレーザー治療(PLDD法)の名医

伊東信久 医師(伊東くりにっく)

伊東信久
引用元:伊東くりにっく公式HP
(http://www.ito-pldd.com/)
伊東くりにっくの公式HPで
PLDD治療の流れや手術の様子を見る
 

手術実績

476例(1年間の実績数)
※伊東くりにっくへ直接照会した数値を掲載

医師の概要

日本でトップレベルのPLDD症例数を誇る、伊東信久医師。PLDD治療における第一人者であり、高いスキルと知識を持って、さまざまな症例の治療にあたっています。PLDD法でのヘルニア治癒率は約94.95%・頸椎95.5%、その技術力の高さが評判を呼び、全国から患者が集まってくるほどです。

伊東信久(伊東くりにっく)

経歴と所有資格

【経歴】

  • 1995年 神戸大学医学部医学科卒業
  • 1996年 医療法人寿会 富永脳神経外科
  • 1997年 医療法人生登会 寺本記念病院整形外科
  • 2001年 大阪市立大学大学院 医学研究科卒業
  • 2001年 大阪市立大学 形成外科医局入局
  • 2002年 大阪市立大学 麻酔科研修
  • 2003年 医療法人医誠会 城東中央病院形成外科医長
  • 2004年 名駅クリニック院長就任(椎間板ヘルニアのレーザー専門クリニック)
  • 2005年 名駅クリニック退職
  • 2006年 伊東くりにっく開業
  • 2009年 医療法人眞愛会 理事長就任
  • 2016年 大阪大学国際医工情報センター 招聘教授就任

【資格・所属団体】

  • 日本形成外科学会専門医
  • 脳神経感染症の研究で医学博士修得
  • 脳神経感染症の研究で大阪市市長賞・大阪市医学会会長賞
  • 国際空手道連盟極眞会館医事委員会関西地区委員長
  • JADA公認アンチドーピングオフィサー
  • 日本リハビリスト協会顧問医師
  • 国際形成外科学会 正会員
  • 国際レーザー医学会 正会員
  • 日本レーザー治療学会 正会員
  • 日本レーザー医学会 正会員
  • 日本レーザー医学会専門医
  • 日本レーザー医学会指導医
  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本脊椎脊髄病学会 正会員
  • 大阪市立大学医学部 非常勤講師
  • RFE(resistive facial exercise)協会会長
  • アジア・パシフィックレーザー医学会 正会員
  • 国際レーザー治療学会 正会員
  • 日本ペインクリニック学会 正会員
伊東くりにっくの公式HPで
PLDD治療の流れや手術の様子を見る

クリニックの概要

椎間板ヘルニアのPLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)専門クリニック。豊富な経験に基づいた正確な診断で、PLDD法の適応を判断。1人1人に適したレーザー治療を提供しています。体への負担が非常に少なく、日帰りで手術を受けられるのも特徴。

住所 大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F(大阪中之島クリニックモール内)
営業
時間
【月~金】10:00~12:00・13:00~17:00、手術13:00~15:00
伊東くりにっくの公式HPで
PLDD治療の流れや手術の様子を見る
ヘルニア手術について
電話で相談する

代表的な切開手術(LOVE法)の名医

河野仁 医師(慶友整形外科病院)

河野仁
引用元:慶友整形外科病院公式HP
(http://www.ku-kai.or.jp/html/04.html)
慶友整形外科病院の公式HPで
切開手術(LOVE法)の治療実績を見る

手術実績

292例(1年間の実績数)
※厚生労働省DPC評価分科会データより引用

医師の概要

慶友整形外科病院・脊椎センター長を務める河野医師は、脊髄外科を専門とするドクター。椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症といった腰部の手術だけでなく、頸椎後弯変形の矯正手術や脊柱後側弯変形の三次元的骨切りによる矯正固定術などを得意としています。引用元:慶友整形外科病院公式HP資料
(http://www.ku-kai.or.jp/pdf/hanayama_02.pdf)

河野仁(慶友整形外科病院)

 

経歴と所有資格

【経歴】

  • 1990年 慶應義塾大学医学部卒業
  • 足利赤十字病院・国立栃木病院・国立病院機構村山医療センター整形外科医長および臨床研修センター形態学研究部診断画像研究室長を経験。
  • 2008年 慶友整形外科病院勤務

【資格・所属団体】

  • 日本整形外科学会専門医
  • 脊椎脊髄外科指導医
  • 認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会専門研修指導医
慶友整形外科病院の公式HPで
切開手術(LOVE法)の治療実績を見る

クリニックの概要

地域密着型のクリニックとして、35年の実績を持つ群馬の慶友整形外科病院。整形外科には、側弯脊椎外来・形成外科外来・リウマチ外来・スポーツ外来といった専門外来があり、複雑な症例でも治療を受けることができます。

住所 群馬県館林市羽附町1741
営業
時間
【平日】9:00~12:30・14:30~17:30
【土曜】9:00~12:00
慶友整形外科病院の公式HPで
切開手術(LOVE法)の治療実績を見る
ヘルニア手術について
電話で相談する

内視鏡手術(MED&PED法)の名医

高野裕一 医師(岩井整形外科内科)

高野裕一
引用元:岩井整形外科内科公式HP
(http://www.iwai.com/iwai-seikei/shokai/doctor.php)
岩井整形外科内科の公式HPで
内視鏡手術(MED&PED法)の症例を見る

手術実績

707例(1年間の実績数)
※厚生労働省DPC評価分科会データより引用

医師の概要

日本整形外科学会が認定する、内視鏡手術の技術認定医である高野医師。ヘルニア治療では、患者に安心して手術を受けてもらえるよう、説明と同意を重視。症状のみならず、患者の性格や生活環境を考慮した治療を提供しています。

高野裕一(岩井整形外科内科)

経歴と所有資格

【経歴】

  • 新潟大学医学部医学科卒業、新潟大学医学部医学科大学院入学
  • インディアナ州立インディアナ大学勤務
  • 新潟大学医学部医学科大学院卒業、秋田赤十字病院 新潟大学医学部附属病院等で勤務
  • 2010年 岩井整形外科内科病院 整形外科部長就任
  • 2014年 岩井整形外科内科病院 副院長就任
  • 2015年 岩井整形外科内科病院 院長就任

【資格・所属団体】

  • 日本MISt研究会世話人 第12回会長(2021年予定)
  • Summer Forum for Practical Spinal Surgery 世話人 第10回会長
  • 日本低侵襲脊椎外科学会(JASMISS)世話人 第19回会長
  • 関東MISt研究会世話人 第4回会長
  • 脊椎外科近未来協会 理事
  • 新潟整形外科研究会 新潟脊椎外科研究会 幹事
  • 関東MISt研究会世話人 第4回会長
  • 新潟整形外科研究会 新潟脊椎外科研究会 幹事
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
  • 日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
             
         岩井整形外科内科の公式HPで
内視鏡手術(MED&PED法)の症例を見る

クリニックの概要

主に、慢性的な腰痛・頸椎の疾患を診療している岩井整形外科内科病院。薬物療法・ブロック注射といった保存療法と手術療法を取り扱っており、岩井グループ全体における脊椎内視鏡下手術の実績は10,000件以上となっています。

住所 東京都江戸川区南小岩8-17-2
営業
時間
【平日】9:00~11:00・14:00~16:30
【土曜】9:00~11:00
               岩井整形外科内科の公式HPで
内視鏡手術(MED&PED法)の症例を見る
ヘルニア手術について
電話で相談する

ヘルニア手術のレーザー治療(PLDD法)を詳しく解説

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは、椎間板内の髄核にレーザーを照射して蒸発させ、空洞を作って内圧を下げる治療法。内圧が下がると神経の圧迫がなくなり、痛みが緩和されるという仕組みです。使用する針は1mmほどと細く、手術は15分程度で終了。切開をしないので回復も早く、日帰りでの治療も可能です。治癒率は高いですが、医師の専門的スキルが必要となるため、医師の経歴・技術力は必ずチェックするようにしましょう。
PLDD法の
詳細を見る
PLDD法の名医&
クリニックを見る
レーザー治療(PLDD法)画像
引用元:北青山DクリニックHP
https://www.hernia-pldd.jp/pldd/about.html

PLDD法の名医がいる病院はこちら

【大阪】
伊東くりにっく

[名医]伊東信久 医師
[実績]年間476例

切らない椎間板ヘルニア治療として、PLDD法を行っている専門クリニック。院長の伊東医師は、国内トップレベルの実績を持つPLDD治療の第一人者であり、症例数は現在まで6,000症例以上。PLDD法に関する確かな知識と技術力を持っています。

※伊東くりにっくへ直接照会した数値を掲載

大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F(大阪中之島クリニックモール内)

【東京】
北青山Dクリニック

[名医]泉雅文 医師
[実績]年間130例

椎間板ヘルニアのPLDD治療を積極的に提供している、北青山Dクリニック。PLDD治療の担当医である泉医師は、椎間板ヘルニアの診察・治療を専門的に行っている医師。脳神経外科医としての知識・経験を治療に活かしています。

引用元:ドクターズガイド
(http://dr-guide.net/www/泉雅文/)

東京都渋谷区神宮前3-7-10 AKERAビルB1F

【東京】
東京腰痛クリニック

[名医]伊藤富士夫 医師
[実績]年間123例

脊椎の病気を専門に扱うあいちせぼね病院の分院である東京腰痛クリニック。脊椎専門医療機関として、数多くの治療にあたっています。伊藤医師は、腰痛治療の専門家として有名な医師で、最小侵襲脊椎手術の普及に努めています。

引用元:東京腰痛クリニック公式HP
(http://www.itoortho.jp/images/pdf/ope_number.pdf)
※実績数はクリニック全体の数になります。

東京都中央区銀座5-1-15 第一御幸ビル2・3F

【札幌】
SSJ札幌整形循環器病院

[名医]長谷川匡一 医師
[実績]約10例(近年平均数)

椎間板ヘルニア・脊柱管形成術などの治療に力を入れている病院。整形外科の長谷川医師の専門分野は脊髄・脊椎・頸椎。体への負担を最小にし、大きな効果をあげることをモットーとしています。

※SSJ札幌整形循環器病院へ直接照会した数値を掲載

札幌市清田区北野1-2-11-30

【岡山】
岡山旭東病院

[名医]土井基之 医師
[実績]年間10例

脳や神経、運動器疾患の治療に力を入れている専門病院。運動器分野の医療を担当している整形外科には、脊椎外科といった専門外来を設置。頸椎・腰椎・胸椎などで起こる椎間板ヘルニアの治療にあたっています。

引用元:岡山旭東病院公式HP資料
(http://www.kyokuto.or.jp/www/houkoku/pdf/skop.pdf)

岡山県岡山市中区倉田567-1

ヘルニア手術の切開術(LOVE法)を詳しく解説

LOVE法(後方椎間板切除術)とは、古くから行われている椎間板ヘルニア手術。ほとんどの症例に適応し、その改善率も高いものとなっています。特別な器材を必要としない手術法ですが、皮膚を4~5cmほど切開し、筋肉などの組織を剥離したりするため、体への負担は大きめ。予後の良し悪しは医師の技術力にも左右されるため、実績のある医師に施術してもらうようにしましょう。
LOVE法の
詳細を見る
LOVE法の名医&
クリニックを見る
切開術(LOVE法)画像
引用元:QlifeHP
http://www.qlife.jp/pain/study/dictionary/herniation/he-love/story2900.html

LOVE法の名医がいる病院はこちら

【群馬】
慶友整形外科病院

[名医]河野仁 医師
[実績]年間292例

地域との連携を重視し、35年にわたって治療を行ってきた慶友整形外科病院。脊髄外科医として十分なキャリアを持つ河野医師を部長とする整形外科では、側弯脊椎外来・形成外科外来といった専門外来を設けており、ハイレベルな治療を提供しています。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

群馬県館林市羽附町1741

【富山】
高岡聖志会病院

[名医]川岸利光 医師
[実績]年間244例

頸椎・腰椎のヘルニア、関節などの治療をトータルで行っている整形外科。手術の約78%(平成24年1月~平成28年12月の5年間)が脊椎・脊髄関連となっており、豊富な実績を誇ります。切開法の他に、内視鏡を使った治療法も提供。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

富山県高岡市大手町8-31

【千葉】
紺整会船橋整形外科病院

[名医]粟飯原孝人 医師
[実績]年間180例

一般的な整形外科はもちろん、脊髄センター・人工関節センターなどを設置し、専門分野まで対応している船橋整形外科病院。脊椎・脊髄外科を専門とする粟飯原医師を筆頭に、保存療法や、負担の少ない低侵襲手術を提供しています。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

千葉県船橋市飯山満町1-833

【岡山】
岡山医療センター

[名医]中原進之介 医師
[実績]年間147例

岡山医療センターの整形外科には、脊椎・脊髄外科が設けられており、その年間症例数も約147例。LOVE法といった切開法から、内視鏡を使った最先端の手術まで、さまざまな治療法を取り扱っています。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

岡山県岡山市北区田益1711-1

ヘルニアの内視鏡手術(MED&PED法)を詳しく解説

MED(内視鏡下腰椎椎間板摘出術)・PED(経皮的内視鏡下椎間板摘出手術)は、どちらも内視鏡を用いてヘルニアを治療する方法。内視鏡を挿入する穴をあけるだけなので傷が小さくて済み、日常生活・仕事への復帰もスピーディーとなっています。しかし、どちらの方法も内視鏡越しに行うため、医師の高いスキルが必要。スキルの低い医師だとヘルニアを除去しきれなかったり、神経を傷つけてしまう恐れもあるので注意しましょう。
MED&PED法の
詳細を見る
MED&PED法の名医&
クリニックを見る
内視鏡術(MED&PED法)
引用元:水戸協同病院HP
http://www.mitokyodo-hp.jp/?page_id=300

MED&PED法の名医がいる病院はこちら

【東京】
岩井整形外科内科病院

[名医]高野裕一 医師
[実績]年間707例

腰痛・椎間板ヘルニアの保存療法・手術療法を提供しているクリニック。院長である高野医師は、学会が認める脊椎内視鏡下手術・技術認定医であり、確かな技術力に基づいた治療を受けられます。リハビリ科もあるので、アフターフォローも万全。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

東京都江戸川区南小岩8-17-2

【新潟】
新潟中央病院

[名医]山崎昭義 医師
[実績]年間321例

脊椎脊髄外科・骨粗鬆症科などの専門外来で、難易度の高い症例にも対応している新潟中央病院。脊椎・脊髄外科センター長を務める山崎医師を中心に、ヘルニア治療では内視鏡によるヘルニア摘出術を数多く実施しています。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

新潟県新潟市中央区新光町1-18

【愛知】
はちや整形外科病院

[名医]蜂谷裕道 医師
[実績]年間258例

はちや整形外科病院の脊髄・関節治療は、体への負担を考慮した低侵襲手術がメイン。ヘルニアの手術では、内視鏡を用いたMED法の実績が豊富となっています。院長の蜂谷医師は、年間258症例の実績を持つ椎間板ヘルニア治療の名医。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

愛知県名古屋市千種区末盛通2-4

【大阪】
島田病院

[名医]金田国一 医師
[実績]年間196例

地域に密着した整形外科専門病院。脊椎内視鏡手術を専門とする医師を中心に、椎間板ヘルニアなどの内視鏡手術を数多く手がけています。最新の検査機器を導入しており、精密な事前検査による正確な診断も特徴。

引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

大阪府羽曳野市樫山100-1

ヘルニア手術におけるゴッドハンドの探し方

椎間板ヘルニアで満足度の高い治療を受けたいなら、腕の確かな名医を探すことが第一。ヘルニアの診断は難しいため、スキルの低い医師にかかると病名が判明せず、薬やストレッチなどの治療を延々受け続けることになり、費用と時間がムダになることもあります。

ヘルニア治療の名医探しで押さえておきたいのは、「これまでに経験してきた症例数」「取得している資格」「口コミでの評判」です。この3つのポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

詳細を見る

【部位別】椎間板ヘルニアの治療方法

腰椎ヘルニアの治療

腰椎ヘルニア画像
腰椎ヘルニアの発症原因や重症度別の最適治療法の他、日常的に行いたい予防法についてまとめました。

頸椎ヘルニアの治療

頸椎ヘルニア画像
頸椎ヘルニアの発症原因や重症度別の最適治療法の他、予防や再発防止のためにすべきことをまとめました。

椎間板ヘルニアとはなにか?基礎知識編

ヘルニアの種類と重症度による痛みの違い、治療法の種類や予防法といったヘルニアに関する基礎知識をまとめてご紹介しています。

編集方針

当サイト「このドクターなら安心・安全!【手術法別】ヘルニア手術の名医ファイル」は、椎間板ヘルニアの痛みや痺れに悩む人が安心して治療に臨めるよう、クリニックの治療実績や治療方法、医師の経歴の他、ヘルニア手術経験者の体験談を紹介しています。
また、基礎知識として、椎間板ヘルニアの種類や痛みの違い、手術以外の保存療法やストレッチ方法など日々の生活に役立てていただける情報を集めています。

参考資料・サイト

当サイトの椎間板ヘルニア手術の治療実績などの記事は、できるだけ正しい情報であることを目指しており、次のような情報元を参考に作成しております。