【年代別】ヘルニアになる原因と対策

各年代のヘルニアの原因と対策について解説しています。

各年代のヘルニアの原因と対策

ヘルニアは、壮年層や高齢層に特有の病気ではありません。 10代や20代などの若い年齢層にも多発する病気です。 このページでは、簡潔に各年代のヘルニアになる原因や対策について 紹介していきます。詳細について気になる方は、各年代ページの詳細を確認してください。

20代のヘルニアの原因と対策

20代のヘルニアの原因は、腰に負担を与える無理な動作や、長時間にわたる同じ姿勢、ストレスなどによる血流悪化などが主要な原因です。ヘルニアの痛みを発症したときには第一に安静とし、症状が穏やかになってきてから、腹筋や背筋を鍛えて脊椎を支えるようにしましょう。日ごろから姿勢を正すことも、ヘルニア予防のための大事な方法です。

20代のヘルニアの原因と対策を詳しく見る

30代のヘルニアの原因と対策

30代のヘルニアは、何らかの原因による血流悪化や、正しくない姿勢、腰に負担のかかる動作などが原因で発症します。もし腰に痛みが発生した場合には、自宅で安静にすることを優先させましょう。会社では責任のある立場にあるかも知れませんが、ヘルニアで会社に迷惑をかけないためには、あえて休暇を取って体を休ませることが大事です。

30代のヘルニアの原因と対策を詳しく見る

40代のヘルニアの原因と対策

40代のヘルニアの主要な原因は、仕事や家庭での過度なストレスによる血行不良、悪い姿勢での長時間にわたるデスクワーク、肉体労働や職業運転などによる腰への負担の蓄積です。特にストレスによる血行不良は、特に40代に多く見られるヘルニアの原因と言って良いでしょう。仕事や家庭から逃げることができない以上、休日などを利用してストレス解消を図ることが大切です。

40代のヘルニアの原因と対策を詳しく見る

50代のヘルニアの原因と対策

50代のヘルニアの主な原因は、一言で言えば、長期にわたる不適切な生活習慣の蓄積。運動不足、暴飲暴食による肥満、喫煙習慣などが、50代のヘルニアの主な要因と指摘されています。腰や首に激しい痛みを感じたら、まずは安静にすることが大事。痛みが和らいできたら早めに普段の生活サイクルへと戻し、かつ生活習慣の見直しをして再発防止を図りましょう。

50代のヘルニアの原因と対策を詳しく見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報