ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

30代のヘルニアの原因と対策

ここでは、30代のヘルニアの原因や、痛みが生じたときの対処法、予防法などについて詳しく解説しています。30代のヘルニアの原因は、血流の悪化や姿勢の問題など。急に重たいものを持ち上げないことも、ヘルニア予防の大事なポイントです。

30代でヘルニアを発症する原因とは?

血流の悪化

30代のヘルニアは、血流の悪化が原因となって発症することがあると言われています。

血流の悪化を招く主要な要因は、長時間にわたる同じ姿勢。仕事柄、パソコンに長時間向かうことが多いデスクワークの方は、全身の血流が悪化している恐れがあるので要注意です。

また、ストレスを受けると交感神経(自律神経の一つ)が活発化し、全身の筋肉が硬直して血流悪化を招くとされています。社会人として責任のある立場になりつつある30代なので、20代に比べ、ストレスからの血流悪化も増えてくることでしょう。

首の位置の問題

首の位置がやや前に出ている方は、頚椎椎間板ヘルニアを招きやすいとされています。パソコンに向かう際やスマートフォンを見る際など、無意識で首が少し前に出てしまう傾向があるので注意しなければなりません。

腰に負担のかかる動作

腰に負担のかかる動作によって、腰椎の椎間板が飛び出してしまうことがあります。急に重たいものを持ち上げたり、無理なウェイトトレーニングを行ったりすると、腰椎椎間板ヘルニアを発症する恐れがあるので注意しましょう。

ヘルニアを改善する方法とは?

安静にする

ヘルニアの痛みを発症した場合には、安静にすることが第一です。多くの場合、1~2日ほど安静にすることで痛みが緩和してきます。

著しい痛みを伴っている場合、無理に出社すると、かえって症状が悪化することがあるので要注意。会社に迷惑をかけないためには、逆説的ですが、会社を休んで安静にすることが大事と心得ましょう。

なお、安静にすることで強い痛みが緩和したならば、なるべく早めに通常の生活に戻ったほうが、症状の改善スピードが早くなるとされています。

正しい姿勢を意識する

パソコンやスマートフォンに向かう際には、頚椎椎間板ヘルニアを予防するためにも、首が前に出ないよう意識してください。ややアゴを引き、背筋を伸ばして画面に向かいます。

なお、正しい姿勢を維持することで、全身の血行状態も良くなります。結果、頚椎だけではなく腰椎のヘルニアの予防にもつながるでしょう。

腰回りの筋肉を付ける

腹筋・背筋の強さとヘルニアとの関連には医学的根拠がない、とする見解もあります。しかしながら、腹筋・背筋の弱い人が重たいものを持ち上げれば、腰椎に負担がかかることは事実です。

ヘルニアの再発を予防するためには、日常的に腹筋と背筋を鍛えるようにしたほうが良いでしょう。

それでも改善されず悪化する場合には?

大半のヘルニアは、2~3日ほど安静にするだけで、自然に痛みが緩和してきます。しかしながら中には、痛みが緩和するどころか、逆に痛みが悪化してしまう例もあるようです。

安静にしても痛みが緩和しない場合には、外科的な治療が必要なほど症状が深刻化しているのかも知れません。休んでも症状の改善が感じられない場合には、速やかにヘルニアを専門的に診療している病院を受診するようにしましょう。

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報