ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

ヘルニア治療の保存療法 生活改善とは

運動不足やストレス、喫煙などの不適切な習慣を見直すことが、ヘルニアの予防にもつながります。ここでは、ヘルニア治療の保存療法の中から、生活改善について詳しく解説しています。

保存療法としての生活改善とは

ヘルニア治療の保存療法の一つである生活改善とは、腰痛などの要因となる生活上の要素を排除していくこと。治療法と言うよりも、予防法と言ったほうが近いでしょう。

ヘルニア予防における主な生活改善は、以下のとおりです。

姿勢

長時間にわたって同じ姿勢でいる習慣や、猫背などの悪い姿勢は、長期的に見ればヘルニアを誘発する原因になることがあります。

終日パソコンに向かうデスクワークをしている方は、時々席を立ち、ストレッチなどをして全身の血行改善を図るようにしましょう。

運動

運動不足とヘルニアとの関連が指摘されています。日ごろから運動不足を自覚している方は、週に2~3日程度で良いので、軽い運動を行うようにしましょう。

習慣化することが大事なので、ウォーキングなどの続けやすい運動をすると良いでしょう。

食事

肥満と腰痛との関係は、医学的な視点からも指摘されています。過食や偏食等によって肥満ぎみの方は、炭水化物の摂取量を控えるなどし、ダイエットを心掛けるようにしたいものです。

ストレス

ヘルニアを始めとした腰痛の主要な原因として、ストレスが挙げられています。具体的には、ストレスを遠因とする血行不良が腰痛を招く、とする見解です。

現代社会においてストレスから逃れることは難しいため、「ストレスを溜めない」ではなく、「ストレスを解消する」という発想を持ちましょう。体を動かしたり趣味に没頭したりなど、自分なりのストレスとの付き合い方を見つけてください。

喫煙

喫煙と腰痛との関連を指摘する学説は、国内外において多く報告されています。喫煙による血行不良が原因と考えられていますが、その因果関係のメカニズムは明確ではありません。

日本人男性の30代~50代の約35%は喫煙者です。腰痛以外の病気との関連も指摘されているので、早めに禁煙するに越したことはありません。

生活改善のメリット・デメリット

生活改善のメリットとデメリットを見てみましょう。

生活改善のメリット

生活改善のデメリット

生活改善の治療の流れ

  1. 病院を受診する
  2. ヘルニアにつながる自身の生活習慣を明らかにするため、まずは病院を受診します。医師や栄養士などからの指導を受け、生活の中で、何をどのように改善すべきかを確認しましょう。

  3. 生活改善を実行する
  4. 医師や栄養士などの指導にしたがい、生活改善を実行。理想的な生活の習慣化を目指します。

保存療法における生活改善の費用の目安

自分で生活改善を図る場合

自分で生活改善のプログラムを作って実行する場合には、特別な費用はかかりません。むしろ食費や煙草代などの節約にもなるでしょう。

病院で生活改善の指導を受ける場合

病院を受診して生活改善を図る場合には、初診料や再診料、相談料や処方料などが発生します。

参考までに、肥満外来(ダイエット外来)は初診時に10,000円程度の料金がかかります。処方薬は1錠500円前後です。禁煙外来は、トータルで12,000~20,000円程度の費用がかかります。

肥満外来も禁煙外来も、一定の基準を満たしている場合には保険診療となります。

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報