ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

ヘルニア治療の保存療法 安静治療とは

立ち上がれないほどの激痛を伴うヘルニアを発症した場合、第一に摂るべき対処法が、安静治療です。ここでは、ヘルニア治療における保存療法の中から、安静治療の方法やメリット・デメリットなどを詳しく解説しています。

保存療法としての安静治療とは

ヘルニアの痛みを生じた際、無理に体を動かさずに安静にしていることを、安静療法と言います。

昨今、ヘルニア症状の対処法として、安静にし過ぎないほうが良いとの指摘も多く見られますが、もとより立ち上がれないほどの激痛を感じている場合には、安静にするより方法がありません。無理に立ち上がって活動をしようとすると、転倒などのリスクがあります。激しい痛みを感じている方は、最低でも歩行が可能な状態になるまでの間、安静にして過ごすようにしましょう。

なお、安静治療によるヘルニア改善のメカニズムは、医学的には証明されていません。おとなしく過ごすことでストレスを解放させることが、血行改善から痛みの緩和へとつながるのではないか、とも言われています。

安静治療のメリット・デメリット

安静治療のメリットとデメリットを見てみましょう。

安静治療のメリット

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報