ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

ヘルニア内視鏡手術の後遺症と予防法

ヘルニア内視鏡手術による後遺症や、その予防法について解説しています。

ヘルニア内視鏡手術の後遺症について

ヘルニア内視鏡手術は、従来のヘルニア切開術よりも患者への負担が少ない治療法ですが、それでも場合によってはしびれやマヒといった後遺症が現れる可能性もあります。

ヘルニア内視鏡手術の後遺症は内容の見きわめが重要

ヘルニア内視鏡手術の後遺症として考えられるものには、術前のヘルニアの影響が残っている症状と、手術によって新たに生じた症状の、大きく2通りのケースが考えられるでしょう。

また、後遺症の内容や程度によって治療計画も異なるため、まずは状態について正しく確認することが欠かせません。

術前のヘルニアの影響が残っている場合

ヘルニア内視鏡手術は、一般的に中~重度のヘルニア患者に対して適用となりますが、重度のヘルニア患者や、手術までの期間が長かった場合、しびれやマヒといった症状が残ってしまうことがあります。

ヘルニア内視鏡手術は、あくまでもヘルニアの除去手術であり、神経を直接的に回復させる治療法ではありません。そのため、術後はしっかりとリハビリを行ったり、適切な運動療法によって低下した筋力を高めたりしていくことが大切です。

手術の失敗による神経障害

内視鏡手術は、狭い術野で行わなければならず、安全な実施には執刀医の高度な技術が不可欠です。

もしも未熟な執刀医が手術を行ったり、そもそも内視鏡手術が望ましくなかったりする場合、適切に神経の圧迫が解消されず、または神経に新たなダメージを与えてしまう恐れもあります。

その他の合併症・感染症

ヘルニア内視鏡手術においては、適切な衛生環境や正しい術後ケアも重要です。

もしも持病や体質によって麻酔方法が制限されていたり、術後のケアが不十分であったりすれば、思わぬ合併症や感染症が発生してしまうリスクが高まります。

ヘルニア内視鏡手術で後遺症を発生させないためにできることとは

ヘルニア内視鏡手術の後遺症を予防するために、何よりもまず注意すべきは、本当に信頼できる名医やクリニックを選ぶことです。

医師の実績や資格の有無といった経歴、クリニックの実際の症例数や衛生環境など、事前に確認できる点はしっかりと確認しておくようにしましょう。

ヘルニア内視鏡手術で後遺症が発生してしまったら

適切なリハビリ治療と生活習慣の改善

しびれやマヒといった後遺症は、リハビリによって解消したり緩和したりすることも少なくありません。また、運動習慣や喫煙習慣を見直すことで、リハビリの効果を高めることもできます。

場合によっては投薬治療や再手術が必要

後遺症の程度がひどい場合、投薬治療や再手術が必要になるかも知れません。もしも術後に違和感や不安を抱いた場合は、速やかに主治医へ相談して、その後の治療計画について確認することが大切です。

セカンドオピニオンも有効

もしも手術を受けた医師やクリニックに対して不信感を抱いてしまった場合は、改めて本当に信頼できる名医に相談してみることも有効です。

ヘルニア手術の内視鏡手術を
詳しく解説を見る

ヘルニア手術の内視鏡手術を
詳しく解説を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報