ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

ヘルニア内視鏡手術の失敗リスクと失敗例

ヘルニア内視鏡手術のリスクや失敗例、防止対策や失敗した場合の対処法などについて解説します。

ヘルニア内視鏡手術の失敗例について

全身麻酔を使うMED法や、局所麻酔でヘルニアを除去するPED法といった、内視鏡を用いて手術を行うヘルニア治療は、従来のヘルニア切開術よりも体への負担が少なく、回復までの治療期間も短いとされています。

反面、手術の難易度が高く、未熟な医師では失敗するリスクが高い点はデメリットです。

ヘルニア内視鏡手術の失敗例としては、いくつかのパターンが考えられます。

ヘルニアを正しく摘出できなかった

従来の切開術と違って、ヘルニア内視鏡手術では皮膚を切開する範囲が小さくなります。そのため、術野も狭くなり、ヘルニアを正しく除去するためには充分な技量が不可欠です。

もしも手術でヘルニアを取り除けなかった場合、しびれやマヒといった後遺症が現れます。

神経を損傷した

手術中に神経を傷つけてしまった場合、ヘルニアそのものは取り除けたとしても、しびれやマヒといった後遺症が現れます。

麻酔や手術に伴うリスク

ヘルニア治療に関わらず、麻酔や皮膚の切開を伴う手術では、どうしても合併症・感染症などのリスクを無視することができません。

ヘルニア内視鏡手術で失敗しないためにチェックすることは

ヘルニア内視鏡手術の失敗しないために重要なポイントは、何よりもまず充分な技量を持った名医や、安全な手術環境が整えられた病院を探すことです。

医師の技術・病院の実績

ヘルニア内視鏡手術は、どの病院でも受けられる治療法ではありません。また、内視鏡手術が実施されている病院でも、充分な実績を持っていなかったり、きちんとした専門医が在籍していなかったりすれば、失敗リスクも高まります。

病院の実績や症例数、主治医の経歴や資格の有無などについて、チェックしておくことが大切です。

手術環境や術後ケアについて

手術環境や術後の治療計画などについても、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

もちろん、専門の医療機器について一般の患者が全てを理解することは難しいですが、素人の疑問に対して誠実に答えてくれるかどうかは、信頼性や安全性を確かめるチェックポイントの1つといえます。

術前の診察・検査

内視鏡手術は、全てのヘルニア患者に対して行える手術ではないため、そもそも術前にヘルニアの状態や体質について正しく検査をしておくことが欠かせません。

ヘルニア内視鏡手術で失敗してしまったら

手術が正しく成功したとしても、術前の状態によってはしびれやマヒが残るケースもあります。そのため、事前にリスクや後遺症などについて主治医と話し合った上で、術後の症状が想定内のものか、それとも失敗の可能性があるのか、見きわめることが重要です。また、場合によってはセカンドオピニオンを求めることも有効でしょう。

そして、もしも失敗していたり、再手術の必要があったりすれば、可能な限り速やかに適切な処置を行うことが大切です。

ヘルニア手術の内視鏡手術を
詳しく解説を見る

ヘルニア手術の内視鏡手術を
詳しく解説を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報