ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【札幌】麻生整形外科病院

ヘルニア治療をしている麻生整形外科病院の特徴と、名医の情報を紹介しています。

麻生整形外科病院の概要

札幌市北区にある麻生整形外科病院は、高い専門性を持つ名医や医療チームによって、優れたヘルニア治療を提供している病院です。

麻生整形外科病院では、例えば2000年から導入した内視鏡下椎間板ヘルニア摘出(切除)術(MED)や、それを応用した高齢者の腰部脊柱管狭窄症手術など、患者の状態やニーズに合わせた治療法によって、出血や手術部位が小さく、回復も早いヘルニア治療が行われています。

ヘルニアの治療実績

脊椎外科258件(平成29年)
※麻生整形外科病院公式HPより

ヘルニアの治療方法

ヘルニア手術の名医紹介

横澤均医師

麻生整形外科病院の理事長兼院長である横澤均医師は、札幌医科大学を昭和59年に卒業し、それ以来、脊椎を専門とする外科医として活躍しています。

2000年に麻生整形外科病院が内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(MED)を導入した当時、Love法という手術が主流で、より低侵襲なMEDを定期的に行う医療施設は、札幌では決して多くありませんでした。しかし、麻布整形外科病院や横澤均医師らは常に患者のことを第一に考え、高度な医療技術を提供できるように努めています。

横澤均医師のプロフィール

経歴

資格・所属団体

所属団体・資格についての解説

日本整形外科学会

公益社団法人日本整形外科学会は、大正15年(1926年)に設立され、現在は会員数2万4千名を超す団体として、世界でも有数と認められている運動器関連疾患の学会です。

整形外科医が治療に携わる疾患は、関節リウマチや変形性関節症といった関節疾患、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった、脊椎・脊髄疾患や骨折・脱臼、スポーツ外傷など非常に様々です。

日本整形外科学会は、高齢化が進む日本において、平均寿命だけでなく健康寿命を延ばすことを重要課題として、日本臨床整形外科学会や日本整形外科勤務医会と共に、ロコモティブシンドローム・運動器症候群の予防・治療に取り組んでいます。また、地域医療に配慮しつつ、優れた専門医の育成も行われています。

日本脊椎脊髄手術手技学会

日本脊椎・脊髄神経手術手技学会(JPSTSS学会)は、脊椎・脊髄神経手術を、3つの理念の下で学び、発展させるために創設された、脊椎・脊髄神経外科医の学会です。 その理念とは、以下の3つです。

日本脊椎・脊髄神経手術手技学会では、毎年1回、秋に学術集会を開き、海外からの多くの専門家を講師として招き、また手術手技セミナーを開いて研鑽を積んでいます。

麻生整形外科病院の口コミ評判

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報