ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【函館】函館中央病院

ヘルニア治療をしている函館中央病院の特徴と、名医の情報を紹介しています。

函館中央病院の概要

函館中央病院は、1930年(昭和5年)に社会福祉法人函館厚生院が運営する病院として設立され、およそ100年近くにわたって地域の人々の健康と暮らしを支え続けている、歴史と伝統のある病院です。

函館中央病院では、地域の基幹病院として様々な病気の治療に当たっており、優れた専門性を持っている名医だけでなく、看護師や薬剤師、理学療法士といった医療の専門スタッフ全員が一丸となって、1人の患者を治すチーム医療が実践されています。また、9名の日本整形外科学会認定専門医が所属する整形外科や、5名の脊椎外科医が専門治療に当たる脊椎センターは、国内有数、道内で最大規模の脊椎センターとしてほぼ全ての脊椎疾患へ対応しています。

ヘルニアの治療実績

脊椎外科511件(2016年)
※函館中央病院公式HPより

ヘルニアの治療方法

ヘルニア手術の名医紹介

金山雅弘医師

金山正博医師は北海道大学大学院を修了後、15年以上にわたって国内外の病院で経験を積んだ後、脊椎外科の専門医として1999年より函館中央病院の整形外科で、地方でもグルーバルスタンダードな高度医療を提供する名医として活躍しています。

また、2007年からは北海道大学の非常勤講師として、2008年からは北海道大学客員准教授として、最先端の医療を学び続ける傍ら、後進の育成にも励んでいます。加えて、医師だけでなく、看護師やリハビリスタッフらが一丸となって治療に当たるチーム医療の有効性を最大限に活かせるよう、良質な医療チームの結成に尽力している点も特徴です。

金山雅弘医師のプロフィール

経歴

資格・所属団体

所属団体・資格についての解説

日本整形外科学会

大正15年に設立された公益社団法人日本整形外科学会は、会員数2万4千名超の、世界有数の運動器関連疾患学会です。

関節リウマチや変形性関節症といった関節疾患、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった、脊椎・脊髄疾患や骨折・脱臼、スポーツ外傷など、整形外科医が治療に携わる様々な病気を対象として、高度な医療技術の発展と普及に尽力しています。

また、超高齢化社会と呼ばれる日本で健康寿命を延ばせるよう、日本臨床整形外科学会や日本整形外科勤務医会と連携しつつ、地域医療に貢献しながら、優秀な専門医を育てる人材育成も行われています。

日本脊椎脊髄病学会

一般社団法人日本脊椎脊髄病学会は、そもそも1974年に脊椎外科研究会として発足した後、脊椎脊髄疾患に関連する医療の研究を促して、研究者の交流を図りながら、研究成果と知識の公表・普及を行っています。

その後、1985年に日本脊椎外科研究会、1990年に日本脊椎外科学会、2001年に日本脊椎脊髄病学会へと移行し、2010年に法人格を取得してから、一層に活動の範囲を広げています。

平成30年1月末の時点で会員数は3,815名、また学会では脊椎脊髄疾患に関する、優れた専門性を有している認定指導医の指名を公開しており、辛い症状で悩んでいる人々の治療をサポートしていることも特徴です。

函館中央病院の口コミ評判

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報