ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【千葉】紺整会船橋整形外科病院(ヘルニア手術の切開術)

ヘルニアの手術を取り扱っている船橋整形外科病院の特徴と医師の紹介、口コミ評判をまとめています。

船橋整形外科病院の概要

船橋整形外科は、「地域医療」「スポーツ整形」「高度な医療技術」をコンセプトとする船橋整形外科グループの専門施設。一般の整形外科はもちろん、スポーツ医学・関節センター、脊椎・脊髄センター、人工関節センターなどの専門部門を設けています。

ヘルニアなどの痛みに関しては、まず薬物療法・ブロック療法・リハビリテーションといった保存的治療を実施。それによって改善しない症例に対しては、低侵襲手術を適用しています。できるだけ体への負担が少ない手術を選択し、早期の社会復帰を目指しています。

ヘルニアの治療実績

180例(1年間のLOVE法の実績数)
引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

ヘルニアの治療方法

LOVE法の名医をご紹介

LOVE法の名医をご紹介

ヘルニア手術の名医紹介

粟飯原孝人医師

粟飯原医師は、脊椎脊髄外科を専門とするドクターで、船橋整形外科病院の脊椎・脊髄センター医長を務めています。国際腰椎学会などでも活躍しており、平成13年6月には第13回日本脊椎脊髄病学会奨励賞を受賞。脊椎内視鏡下手術においては、技術認定医として広く名が知られています。

粟飯原孝人医師のプロフィール

資格・所属団体

所属団体・資格についての解説

日本整形外科学会・認定脊椎脊髄病医

脊椎脊髄病医とは腰痛・頚部痛・肩こり・手足のしびれ、歩行者生涯などを引き起こす「脊椎脊髄疾患」に対しての研鑽を積み、数多くの診療経験と豊富な知識をもった医師を指します。その中でも日本整形外科学会の脊椎脊髄病医は、認定を受けるために整形外科専門試験に合格して「整形外科専門医」を取得し、脊椎脊髄病医としての研修を受けることが必須。さらに学会や研修会に一定時間以上出席しなければ脊継続して資格を持ち続けることができなくなる厳しい条件があります。

脊椎脊髄疾患の治療法は薬物療法・理学療法・リハビリテーションが基本。場合によっては手術療法が求められることもあります。時代とともに進化する脊椎脊髄疾患の治療法をしっかり把握し、患者と一緒に治療することが日整会認定脊椎脊髄病医の役割。診断・治療だけにとどまらず、脊椎脊髄疾患のあらゆる問題の相談に対応するなど幅広い活動が求められています。

日本脊椎脊髄病学会

日本脊椎脊髄病学会は、椎脊髄疾患に関する研究に取り組み、研究者の交流を通して知識の公表や普及を進め人類の健康増進に尽くすことを目的に活動している一般社団法人の団体です。あらゆる資格審査を経て、理事会・理事長の承認をもらい、はじめて日本脊椎脊髄病学会の指導医として認められます。指導医は、脊椎脊髄疾患の手術的治療において深い知識・経験・見識・指導力を伴い、安全な医療を心がけると共に誠実に指導をするのが役目です。指導医は認定を受けたあとも5年ごとに資格継続の認定を受ける必要があり、継続認定を連続3回受け、脊椎脊髄手術例数が 1000 例を超えるなどといった条件を満たすと、次は名誉指導医の称号を得ることができます。

船橋整形外科病院の口コミ評判

船橋整形外科病院の基本データ

診察時間 【平日】9:00~11:30・16:00~18:30
【土・日曜】9:00~11:30
休診日 祝日・年末年始・ゴールデンウィーク(毎年5月3日~5月5日)、12月の第3土曜日追加
住所 千葉県船橋市飯山満町1-824
アクセス JR「東船橋駅」より徒歩約15分

椎間板ヘルニアの手術法と名医を徹底ガイド!ヘルニア手術の違いを5つの指標で比較し、手術法別の名医をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報