ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【大阪】八戸の里病院(ヘルニア内視鏡手術など)

脊椎内視鏡手術(MED)によるヘルニア治療に定評がある、大阪の「八戸の里病院」の特徴、口コミ、医師の情報などをまとめています。病院情報も掲載しているので、通院する際の参考にしてください。

八戸の里病院の概要

八戸の里病院は、「地域に貢献する医療」「患者さんのための安全な医療」「人間としての道徳心」の3つをモットーとし、昭和31年に開設されてから、大阪の地で長い歴史を築いてきました。地下1階、地上5階の広さの中に、一般病床95床を持ち、病院としてはかなりの大きさで、整形外科医研修施設、看護師実習病院としても認可を受けています。

診療科目は、整形外科・内科・外科・脳神経外科・循環器内科の5つ。整形外科では、スポーツによる傷害を中心にしながら、肩こりや腰痛、関節痛、脱臼、骨折など幅広く診療を行っています。救急病院に指定されている八戸の里病院では、整形外科の症例数が特に多く、手術を必要とする症例が多いため、手術の実績もかなり豊富。新しい技術も積極的に取り入れていく姿勢で、ヘルニア手術では内視鏡を用いた脊椎手術をメインにしています。

場所は八戸ノ里駅から徒歩4分というアクセスの良い立地になっている上、阪神高速道路、近畿自動車道が近くを通っているため、遠方からの通院も容易です。診療時間は、朝は9:00から開始され、平日であれば19:45までの夜間診療を行っているので、日中の通院が難しい方でも通いやすいでしょう。脳ドックや頭痛外来も受け付けているので、様々な症状で頼りになる病院です。

ヘルニアの治療実績

650例(1年間の整形外科全体の手術実績数)

引用元:八戸の里病院公式サイト

(http://www.yaenosatohp.or.jp/department/index.html)

ヘルニアの治療方法

ヘルニア手術の名医紹介

丸山貴資医師

丸山貴資医師は、八戸の里病院で主に整形外科を担当しています。特にスポーツ医、リウマチ医、脊椎脊髄病医としての診療を行っており、それぞれの分野で「日本整形外科学会」から認定として認められている整形外科全般に造詣の深い方です。スポーツ医としては股関節や膝を始め、身体全般を得意としています。

八戸の里病院は救急病院のため、緊急性の高い患者の手術経験が豊富で、急性外傷の症例以外にも、慢性的な疾患に対する人工関節置換術などの手術を多く経験している医師です。また、社会福祉の分野にも力を入れており、グループ施設である「介護老人保健施設プレジャーライフ」の理事長としても活躍されています。

丸山貴資医師のプロフィール

経歴

資格・所属団体

参照元:公益社団法人 日本整形外科学会

(https://kcs.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/subspeciality.html)

所属団体・資格についての解説

日本整形外科学会・認定スポーツ医

日本整形外科学会・認定スポーツ医とはスポーツに関する知識が豊富でスポーツに関する様々な課題を科学的・医学的な観点から指導し、解決に導く医師のこと。資格の取得には整形外科専門医試験に合格してスポーツ医としての研修を受ける必要があります。整形外科医は筋肉・骨・関節・腱・靭帯・軟骨など、人間の体を支える諸器官を専門とし、様々な年齢層に対しスポーツ外傷の予防に努める社会的責務を持つ医師。なかでも日本整形外科学会・認定スポーツ医はスポーツの専門医として能力を最大限に発揮し、中高年のための運動指導や発育期のスポーツに関わる問題、運動器疾患を持つ方への運動処方に努めています。

日本整形外科学会・認定脊椎脊髄病医

日本整形外科学会・認定脊椎脊髄病医は脊髄関連の疾患に対する数多くの知識、経験を有すると認められた医師のこと。腰や頚部、肩こりや手足のしびれなど、脊椎関連の疾患についての十分な知識を持っていると日本整形外科学会に認められた医師だけが保有できます。学会や研修会へ一定時間以上の出席が必要で、その上整形外科専門医試験に合格する必要がある難易度の高い資格。時代とともに急速に発展していく脊椎・脊髄医療について継続的に学び続け、時代に即した適切な医療を発揮することが日本整形外科学会・認定脊椎脊髄病医に求められる責務です。

八戸の里病院の口コミ評判

八戸の里病院の基本データ

診察時間 【平日】9:00~11:30、17:00~19:45
【土曜】9:00~11:30
休診日 土曜午後・日曜・祝祭日
住所 東大阪市下小阪三丁目16番14号
アクセス 近鉄奈良線「八戸ノ里駅」より徒歩4分
近畿自動車道「東大阪南IC」より車約6分
※「八戸ノ里駅」は「普通」のみ停車
※駐車場「タイムズ八戸の里病院」あり(有料)

院内設備

第2病棟

八戸の里病院の第2病棟は、整形外科を主としている、外科と内科の混合病棟となっています。高齢患者では100歳の人の入院・手術実績があるように、患者がリラックスして入院生活を送り、治療やリハビリに専念するための環境が整えられています。

リハビリテーション科

八戸ノ里病院では、リハビリテーション臨床認定医や理学療法士といった医療スタッフだけでなく、鍼灸・マッサージ師やリハ助手などの専門スタッフも従事しており、適切なリハビリを受けることができます。

また、リハビリ室にはマイクロ台や牽引台、低周波装置、干渉波装置、ホットパック、赤外線装置など、様々なリハビリ機器が備えられており、それぞれの患者にあった最適なリハビリ治療を、安心・安全な環境で進めることが可能です。

栄養管理科

八戸ノ里病院では、入院中の患者のために、食の楽しさと栄養状態を同時にサポートできるよう、病院食にも力が入れられています。

特に、高齢者や食事機能に不安がある人、点滴からの移行を進める人のために、ソフト食への積極的な取り組みが行われていることも特徴です。八戸ノ里病院のソフト食は、寒天やゲル化剤などを上手に使用して、見た目の美しさと美味しさの両方の実現をコンセプトにされていることがポイントです。

検査室

八戸ノ里病院では、MRI室やCT室、一般撮影室など様々な検査室が用意されており、正確な診断を迅速に行える環境作りが行われています。

アクセス

自動車

近畿自動車道「東大阪南IC」より約7分

IC出口から府道2号線を直進し、「巨摩橋西」交差点を左折して府道24号線を西へ直進。「宝持」交差点を右折し、府道2号線を北上。「八戸の里南」交差点を直進し、1つめの交差点を左折して左側。駐車場は近隣の有料駐車場を利用。

※「東大阪南IC」は松原方面からの出口しかないので注意。

電車

近鉄奈良線「八戸ノ里駅」より徒歩4分

「八戸ノ里駅」の改札を出て、駅前ロータリーへ。ロータリーの西側へ接する府道2号線を、ロータリーを左手に見ながら、八戸ノ里駅を背にして真っ直ぐ南下。「八戸の里」交差点をそのまま直進し、2つめの交差点を右折して、すぐ左手が病院入り口。

バス

近鉄バス「プール西口」停留所より徒歩2分

停留所を降りて、目の前にあるコンビニを右手に見ながら、そのまま170mほど府道2号線を北上。「八戸の里南」交差点を通過して、1つめの交差点を左折、すぐ左手に病院入り口。

椎間板ヘルニアの手術法と名医を徹底ガイド!ヘルニア手術の違いを5つの指標で比較し、手術法別の名医をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報