椎間板ヘルニア治療の名医がいる病院【中国地方編】

中国地方のヘルニア手術が受けられる病院を紹介

中国地方で椎間板ヘルニアの手術を行う病院をご紹介しています。椎間板ヘルニアを改善したいとお考えの方はぜひ目を通してください。

岡山医療センター整形外科

患者さん一人ひとりを尊重して向き合い、信頼される病院を理念とする岡山医療センター。整形外科の治療範囲はとても広く、脊髄などの神経疾患や関節外科、外傷外科学を中心に治療を行います。手術には最先端の技術を取りいれていて、脊髄・脊髄外科は中四国の医療機関の中心的存在。内視鏡下腰部椎間板ヘルニア摘出術(MED)や最小侵襲腰椎前方固定術(mini ALIF)、内視鏡下胸椎固定術(VATS)など最先端手術実績は、全国でもトップレベルです。

竹内一裕医師

1990年に医師免許を取得した竹内医師。現在、岡山医療センター整形外科の医長を務めるドクターです。日本整形外科学会専門医や、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医の資格を持っています。医院の年間およそ600例ある手術件数を実現させている1人です。ほかに、脊髄内視鏡下手術・技術認定医1種および2種の資格も持っていて、専門性の高い最先端手術である内視鏡下腰部椎間板ヘルニア摘出術に取り組んでいます。学会や研修会への参加や、論文発表にも熱心です。椎間板ヘルニア治療はもちろん、脊柱管狭窄症や圧迫骨折などの脊椎疾患の診療に携わっているため、それらの症状にお悩みの方は一度竹内医師に相談してみてはいかがでしょうか。

岡山医療センター整形外科について詳しく見る

岡山旭東病院

脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院である岡山旭東病院は、患者さんの目線に立った医療を提供。医療サービスの品質を高めることを目的に、スタッフ教育や高度先進医療機器の導入など、治療の品質を向上させる努力を行っています。整形外科では上肢や下肢、脊柱、骨盤の先天的・後天的疾患などを診療。無出血で入院期間が短く、傷が残らないなど様々な利点のあるPLDD(レーザー椎間板減圧術)で、椎間板ヘルニアを改善に導いています。

土井基之医師

土井医師は整形外科分野の外傷学を専門に、50年以上も整形外科診療に携わってきたドクターです。日本整形外科学会専門医だけでなく、脊椎専門医の資格を取得しています。外科手術のエキスパートで、年間300例くらいの整形手術を12年間手がけてきた実績の持ち主。岡山旭東病院は土井医師が設立し、現在は副院長を務めています。岡山臨床整形外科会理事と日本整形外科学会代議員でもあり、岡山の整形外科の発展に力を尽くしています。1996年から医院にレーザーを使ったPLDD法を椎間板ヘルニアの治療に導入。「医師は、常に謙虚な姿勢で患者のために尽くすべきである」と考え、脊髄・脊椎における様々な症状の改善に積極的に取り組んでいます。

岡山旭東病院について詳しく見る

廣島総合病院

廣島総合病院の基本理念は人間愛に基づいた医療を実践し、地域社会に貢献すること。最新の知識と技術を習得して質の高い医療や安心できるチーム医療を提供しています。整形外科では脊椎脊髄外科の手術を中心に診療を行っていて、腰椎椎間板ヘルニアの治療においては保存療法の効果が無かった際に手術を実施。顕微鏡下ヘルニア摘出術や内視鏡下ヘルニア摘出術、経皮的髄核摘出手術、経皮的内視鏡下ヘルニア摘出術(PED)など様々な手術に対応しています。

藤本吉範医師

廣島総合病院の院長でありながら、整形外科の一医師として診療に携わる藤本医師。脊椎外科が専門で、顕微鏡を用いた脊椎手術や骨折した脊椎を骨セメントで固定する治療に早くから取り組んでいます。経皮的内視鏡下ヘルニア摘出術(PED)も、開腹が早く人に優しい治療として積極的に導入。保有する資格は、日本整形外科学会専門医や日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、医学博士などです。北米脊椎外科学会・米国頚椎外科学会のメンバーでもあります。その力を活かし、医院では診察や脊椎脊髄疾患の手術を担当。脊椎手術を受けた多くの方が、手術の翌日に歩行が可能になり、2週間ほどで退院しているそうです。また、野球・サッカー選手といったアスリートへの治療も手がけています。

廣島総合病院について詳しく見る

済生会山口総合病院

質の高い医療サービスを提供するために、自己研鑽に努めることを基本方針とする済生会山口総合病院。入院中の患者さんに対しては、整形外科医や看護師長、担当看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、地域連携室看護師などによって週2回ほど病棟総回診が行われています。医師や看護師などスタッフ同士の意見交換をまめに行うことで、総合的な治療を実現。整形外科に在籍する5人の医師はすべて整形外科専門医であり、それぞれが得意分野を生かして診断や検査を実施します。

岸本哲朗医師

岸本医師は整形外科医として診断・検査・治療を行う傍ら、済生会山口総合病院の副院長を務めています。専門としているのが、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、胸椎黄色靭帯骨化症といった脊椎の変性疾患。医院の脊椎手術が2011年に200例を突破したときの立役者です。日本整形外科学会整形外科専門医と、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医の資格を持ち、診察や治療に役立てています。論文の発表や講演にも熱心です。岸本医師は山口県でトップクラスの腕を持つ整形外科医なので、腰や足、背骨の痛みに悩まされている方は、一度済生会山口総合病院を訪れてみてはいかがでしょうか。ただし、診察を受ける際は、紹介状と診察の予約が必要です。

済生会山口総合病院について詳しく見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報