ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【広島】広島総合病院(廣島総合病院)

ヘルニア治療をしてい広島総合病院の特徴と、名医の情報を紹介しています。

広島総合病院の概要

悲惨な戦争の傷跡が今も残る広島において、広島総合病院(廣島総合病院)は戦争災害に苦しむ人々を救うための、救済施設として誕生しました。現在では、およそ140名の医師を含む千人以上の医療スタッフが、周辺エリアで暮らす大勢の人々や、県外から訪れる沢山の人々の健康を守っています。

また、広島総合病院では脊椎・脊髄センターを設置して、脊椎・脊髄疾患に特化した専門治療が行われていることも特徴です。特に、広島総合病院の脊椎・脊髄センターでは、最新の医療技術を用いた最先端の低侵襲の手術療法を提供するだけでなく、地域の病院や診療所と連携して、様々な治療法や療養環境を整えています。

ヘルニアの治療実績

手術件数1,472件(平成26年)
※広島総合病院公式HPより

ヘルニアの治療方法

ヘルニア手術の名医紹介

藤本吉範医師

藤本吉範医師は広島総合病院の病院長であり、また脊椎脊髄外科・顕微鏡手術を専門とする一流の名医です。特に藤本吉範医師は、顕微鏡手術や経皮的手術などの最新医療技術を用いた、患者にとって安全・安心の「体にやさしい手術」を実践することを理念として掲げており、その為に必要な医療技術の研究や、後進の育成に努めています。

藤本吉範医師のプロフィール

経歴

資格・所属団体

所属団体・資格についての解説

一般社団法人日本脊椎脊髄病学会

一般社団法人日本脊椎脊髄病学会は、脊椎・脊髄疾患に関する研究内容や知識の公開・普及に努めている団体です。

1974年に脊椎外科研究会として発足した日本脊椎脊髄病学会は、その後いくつかの形態を経て、2001年に日本脊椎脊髄病学会へと移行し、2010年に法人格を取得して現在の形に至っています。また、会員数3,815名(平成30年1月末現在)を数える日本脊椎脊髄病学会では、様々な学術集会・研究会などの開催、専門図書や学会誌の発行などが実施されているだけでなく、国内外の諸団体と連携して、国際的に優秀な指導医の認定や更新の育成も実施されています。

公益社団法人日本リハビリテーション医学会

1963年9月に創立された公益社団法人日本リハビリテーション医学会は、様々な原因によって生じた体の機能障害を回復させ、また後遺症の克服をサポートしながら、人々の健康と活動を支えている団体です。

日本リハビリテーション医学会では、人々の健康や社会に貢献し、数多くの医療機関や教育機関と連携して専門性の高い更新を育成しているだけでなく、リハビリテーション医学をさらに発展・普及させ、より多くの患者が障害や後遺症を克服できるように務めています。

広島総合病院の口コミ評判

広島総合病院の基本データ

診察時間 【平日】8:30~11:00(受付)
※診療時間は診療科によって変動
休診日 土曜・日曜・祝日
住所 広島県廿日市市地御前1-3-3
アクセス 広電宮島線「JA広島病院前」よりすぐ

椎間板ヘルニアの手術法と名医を徹底ガイド!ヘルニア手術の違いを5つの指標で比較し、手術法別の名医をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報