ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【愛知】あいちせぼね病院(ヘルニアレーザー治療)

愛知県で椎間板ヘルニアのレーザー治療を行っている、あいちせぼね病院の口コミや、名医の実績・経歴などを紹介します。

あいちせぼね病院の概要

医療法人全医会あいちせぼね病院は、グループの中核病院として、椎間板ヘルニアを含んだあらゆる背骨(脊椎)の病気に対応している、脊椎専門病院です。

あいちせぼね病院が属する全医会は、グループ全体で1万3全件以上の手術実績を有する、背骨治療のスペシャリスト集団であり、あいちせぼね病院でも世界レベルの低侵襲手術が実施されています。

あいちせぼね病院では、最新の医療用レーザー機器や内視鏡ハイビジョンモニターなどを活用し、椎間板ヘルニアの日帰り手術ができる経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)や、ラジオ波腰椎椎間板ヘルニア熱凝縮術(Disc-Fx)、内視鏡を用いた経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PELD)など、様々な手術が高レベルで行われています。そのため、多様化する患者のニーズや症状に合わせて、複数の治療法からベストなものを選べる点は、非常に大きなメリットといえるでしょう。

ヘルニアの治療実績

5,503件(全医会グループで2007~2017年)

引用元:あいちせぼね病院公式サイト「医療法人全医会 年度別手術件数」
(https://www.itoortho.jp/images/pdf/ope_number.pdf)

ヘルニアの治療方法

ヘルニア手術の名医紹介

伊藤不二夫医師

伊藤不二夫医師は、脊椎手術のスペシャリスト集団である全医会グループの理事長であり、本人も世界最高レベルの内視鏡脊椎手術の技術を持つ、日本が誇る椎間板ヘルニアの名医の1人です。日本整形外科学会が認定する専門医であり、医学博士として最先端の椎間板治療について国内外の学会で最優秀論文賞を授与されているだけでなく、2017年には世界最大の規模を持つ中国鄭州第一付属病院で整形外科客員教授に就任するなど、実績を上げればきりがありません。

また、全国で脊椎外科医を対象とした、内視鏡下ヘルニア手術の教育活動にも積極的に取り組んでおり、後進の育成にも貢献しています。

伊藤不二夫医師のプロフィール

経歴

資格・所属団体

所属団体・資格についての解説

日本整形外科学会・専門医

公益社団法人日本整形外科学会は、大正15年(1926年)、日本の整形外科学の進歩や普及を通じて、日本の医学界や学術文化の発展に貢献することを目的として発足された、日本有数の医学会です。設立当初は118名であった会員も、現在では2万名を超えており、定期的な研究発表会や講演会の開催、機関紙の発行、国内外の医療機関や学術機関との連携・強力など、様々な活動が行われています。また、整形外科分野に携わる医師の中でも、特に高度な知識と技術を備え、数多くの論文発表や手術実績を有している医師に対して、整形外科専門医としての資格認定も行っています。つまり、日本整形外科学会専門医の資格を有するということは、全国2万人の整形外科医の中でも有数の名医である証拠といえるでしょう。

日本脊椎脊髄ドック協会

日本脊椎脊髄ドック協会は、脊椎・脊髄に関連する病気の治療と予防に関して、国民の健康を守り、国民の意識向上を推進することを目的に発足された団体です。日本脊椎脊髄ドック協会では、脊椎脊髄領域の治療において、診断や検査のガイドラインを策定し、脊椎脊髄疾患の治療に携わる専門医が、より一層に正確な診断を行える環境づくりが行われています。また、脊椎脊髄疾患では、初期段階では自覚症状がほとんどないケースも珍しくなく、それらのような場合についても、脊椎ドックや様々な検査を実施することで、病気の早期発見や悪化予防を行っていることも特徴です。

あいちせぼね病院の口コミ評判

あいちせぼね病院の基本データ

診察時間 8:00~11:30、14:00~16:00(整形外科)
休診日 木曜・日曜・祝日
住所 愛知県犬山市五郎丸上池31-1
アクセス 名鉄犬山線「犬山駅」よりタクシーで約7分

椎間板ヘルニアの手術法と名医を徹底ガイド!ヘルニア手術の違いを5つの指標で比較し、手術法別の名医をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報