ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【愛知】はちや整形外科病院(ヘルニアの内視鏡術)

はちや整形外科病院のヘルニア治療と、医師についての情報をまとめています。

はちや整形外科病院の概要

ヘルニア治療・人工関節・スポーツ外来などを取り扱っている、名古屋のはちや整形外科病院。脊髄・関節治療においては、できる限りメスを入れずに行う低侵襲手術を実施しており、患者の負担を減らすのはもちろん、早期退院・早期社会復帰をサポートしています。

ヘルニアの施術においては、内視鏡を使った手術の実績が豊富(MED:内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術)。PELD(経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)も実施しているようですが、難易度が高いため、基本的にはMEDとなるようです。

MRI・CTといった最新検査設備も充実しており、さまざまな角度から症状を検査・検討。手術だけでなく、その他の保存療法(コルセット・薬物療法・神経ブロックなど)の可能性なども探っていきます。

ヘルニアの治療実績

258例(1年間のMED&PED法実績数)
引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

ヘルニアの治療方法

MED&PED法の名医をご紹介

MED&PED法の名医をご紹介

ヘルニア手術の名医紹介

蜂谷裕道医師

外科医としての技術力を高め「匠」を目指している、蜂谷裕道医師。蜂谷医師の年間症例数は、平均300件ほどとなっています。非常に難易度の高い症例の手術も手掛けており、その確かな技術力を見学するために、全国各地から医師が集まってくるとのこと。どんな症例でも手術…というわけではなく、患者と相談しつつ、最適な治療法の選択を心がけているのが特徴です。

引用元:e-linked Vol.05:はちや整形外科病院
(http://www.project-linked.jp/?p=1738)

蜂谷裕道医師のプロフィール

経歴

資格・所属団体

所属団体・資格についての解説

日本整形外科学会・認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医

日本整形外科学会・認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医は整形外科専門医試験に合格し、整形外科専門医・日整会認定脊椎脊髄病医の資格を取得後、実技試験を受けて認定された医師にのみ与えられる資格です。また、資格を継続するために手術時の様子を映したビデオの提出を求められ適切な治療を行っていることを示さなくてはいけないなど、非常に厳しい条件が定められています。技術認定医は、医療事故が起きないよう慎重かつ丁寧に患者へ治療内容を伝え、医師と患者の強い信頼関係を築いたうえでの手術が必要。近年の医療の進歩に伴い、内視鏡手術は国内外に普及されています。以前は関節鏡での手術に限られていましたが、現在では脊椎の手術にまで利用できるようになりました。これからも技術認定医の技術力のさらなる進歩が期待されています。

日本リハビリテーション医学会・専門医

リハビリテーション医療の発展と普及に貢献する目的として組織されたのが日本リハビリテーション医学会。専門医の質の向上を目指し、研究・研修活動に取り組んでいます。これから高齢化が進むにあたり、リハビリテーションの需要はますます向上。しかし、その一方で必要とされる専門医の数が全然足りていない現状にあります。3,000~4,000人が必要とされる専門医なのですが、現在はその半分にも達していません。

さらに今後は病院の機能が分化され、一人の専門医が急性期から維持期までの障害を一貫して対応することが難しくなります。そのため幅広い領域の疾患や障害に対応するためにも、専門医同士には高い連携が求められます。

はちや整形外科病院の口コミ評判

はちや整形外科病院の基本データ

診察時間 【月~金曜】9:00~12:00・14:30~17:00
【土曜】9:00~12:00
休診日 土曜午後・日曜・祝日
住所 愛知県名古屋市千種区末盛通2-4
アクセス 東山線「覚王山駅」より徒歩2分

椎間板ヘルニアの手術法と名医を徹底ガイド!ヘルニア手術の違いを5つの指標で比較し、手術法別の名医をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報