ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

【富山】高岡整志会病院(ヘルニア手術の切開術)

ヘルニア治療で評判の高岡整志会病院の特徴と、名医とされるドクターを紹介しています。

高岡整志会病院の概要

1984年開業の高岡整志会病院は、整形外科・麻酔科・リハビリテーション科を診療科目に持つクリニック。急性期整形外科専門病院であり、ヘルニアをはじめとする頸椎・腰椎、関節や手足の障害に関する保存治療・手術療法・リハビリを一貫して行っています。

手術に関しては、全身麻酔下の手術は1,388例、その中でも脊椎・脊髄手術は1,124例と豊富(2016年度のデータ)。医師も、整形外科専門医6.5名のうち、4名が脊椎脊髄外科指導医となっています。手術の約8割を占める脊椎・脊髄手術においては、切開術がメインとなっていますが、内視鏡・顕微鏡を用いた低侵襲手術も行っており、患者の負担軽減・早期の社会復帰を目指しています。

ヘルニアの治療実績

244例(1年間のLOVE法の実績数)
引用元:厚生労働省DPC評価分科会
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000104146.html)

ヘルニアの治療方法

LOVE法の名医をご紹介

LOVE法の名医をご紹介

ヘルニア手術の名医紹介

川岸利光医師

高岡整志会病院の理事長・院長を務める川岸医師は、脊椎脊髄外科を専門としているドクター。麻痺・痛みなどの悩みを抱える患者に対し、スピーディーかつ正確な診断と有効な治療法の提案を心がけています。また、保存療法や退院後のリハビリテーション継続など、各疾患に応じて行っています。

川岸利光医師のプロフィール

資格・所属団体

所属団体・資格についての解説

日本整形外科学会・認定脊椎脊髄病医

日本整形外科学会・認定脊椎脊髄病医とは、腰痛・頚部痛・肩こり・手や足のしびれや歩行障害などの脊椎脊髄疾患について日々研究し、数多くの診療経験と十分な知識をもった医師に与えられる資格です。日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医になるには、整形外科専門医試験をクリアして、整形外科専門医の資格を取得し、さらに脊椎脊髄病医としての研修を行なう必要があります。また資格を継続するためには学会や研修会に一定時間以上の参加が義務付けられており、条件は決して簡単なものではありません。脊椎脊髄疾患者には薬物療法・理学療法・リハビリテーション、必要に応じて手術治療を実施。認定脊椎脊髄病医はただ施術を行なうだけでなく、患者さんのことを良く知り、日整会認定脊椎脊髄病医と協力して、治療行なうことが求められています。

日本脊椎脊髄病学会

日本脊椎脊髄病学会は一般社団法人の団体として成り立っており、脊椎脊髄疾患に対して研鑽を積み、研修成果と知識を広めるなど、人類の健康増進を目的として活動しています。日本脊椎脊髄病学会に属している指導医は、脊椎脊髄疾患の手術的治療に関して多くの知識・経験・見識・指導力を有しており、適切かつ安全な医療を提供しなければなりません。また、後進の医師に対して、情熱をもって誠実に指導することも求められています。指導医になるためには資格審査を通過し、理事会の承認を得て、理事長から認定を受けることが必要。また、5年ごとに資格継続を行なうなど厳格な要件が設定されています。

高岡整志会病院の口コミ評判

高岡整志会病院の基本データ

診察時間 【月~木曜】8:00~12:00・14:00~18:00
【金曜】8:30~12:00
【土曜】7:30~12:00
休診日 金曜午後・土曜午後・日曜・祝日
住所 富山県高岡市大手町8-31
アクセス 北陸自動車道「小杉I.C」より約20分、高岡駅「古城公園口」より徒歩約8分

椎間板ヘルニアの手術法と名医を徹底ガイド!ヘルニア手術の違いを5つの指標で比較し、手術法別の名医をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

全国から厳選した
ヘルニア手術の名医3人を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報