ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

ヘルニアの手術以外の保存療法

ヘルニアの手術以外の治療法として、保存療法を紹介しています。

手術以外のヘルニア治療「保存療法」とは

ヘルニアの治療法には、ヘルニアを切除する「手術療法」と、手術をせずに治療をする「保存療法」があります。症状が進行しすぎている場合や緊急性の高いケースを除き、まず選択されるのは保存療法。これは、軽~中等度のヘルニアであれば、保存療法によって治癒する可能性があるからです。以下に、その保存療法の内容をまとめてみました。

薬物療法

ヘルニアの薬物療法で処方されるのは、鎮痛剤や消炎剤。ヘルニアの圧迫によって起きた炎症と痛みを抑え、症状の改善を試みます。処方される鎮痛剤は、主にNSAIDs(非ステロイド系消炎鎮痛剤)。製品名でいうと、ボルタレン・ロキソニンなどです。そのほかにも、患部を冷やして炎症を鎮める湿布薬が処方されます。

神経ブロック

神経ブロックとは、ヘルニアによって圧迫されている部分に局所麻酔をし、炎症や痛みを抑える方法。基本的に、薬物療法によって効果が見られない場合の治療法となります。神経ブロックには、神経そのものに麻酔をする「神経根ブロック」と、硬膜と脊椎の間に麻酔をする「硬膜外ブロック」があります。神経ブロックをすると痛みは治まりますが、一時的にしか効果がなかったり、場合によってはまったく効果がないことも。

理学療法

理学療法とは、いわゆるリハビリテーションの一種。電気療法・牽引(器具で脊椎を引っ張る)・筋トレ・ストレッチなどが挙げられます。体を動かしたり刺激を与えるメニューが多いため、痛みや炎症が強い場合は適用されません。別の保存療法である程度の効果が見られ、症状が落ち着いてから行われます。また、ヘルニアの再発防止として取り入れられることもあります。

温熱療法

温熱療法とは、ヘルニアの起きている部分を温めることにより、新陳代謝・血流・自然治癒力をアップさせていく方法。クリニックにある温熱治療器や、自宅のお風呂・温泉施設などでも行うことができます。ただし、痛みが強いときに患部を温めると症状が悪化するため、注意が必要です。

ヘルニアの完治を目指すなら手術療法

ヘルニアの保存療法とは、痛みやしびれといった症状に対する「対症療法」。ヘルニアの原因を直接取り除くものではありません。そのため、治療効果の出方には個人差があり、人によってはまったく改善しないこともあるようです。

椎間板ヘルニアの悩みを根本的に解決したいなら、直接ヘルニアを取り除く手術療法を選択するべきでしょう。ただし、手術の方法にもさまざまなものがあり、症状に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。手術を成功させるには、医師の正確な診断と技術力がポイントとなるため、ヘルニア治療の実績豊富な医師を選んで診療を受けるようにしましょう。

ヘルニア手術の切開術(LOVE法)や内視鏡手術(MED&PED法)に比べて、成功率が高めのレーザー治療(PLDD法)も参考にしてみてください。

レーザー治療(PLDD法)の
名医&クリニックを見る

レーザー治療(PLDD法)の
名医&クリニックを見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報