発症のメカニズム

椎間板ヘルニアの原因

それでは、椎間板ヘルニアは、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。

日常生活での動作が引き金となるもの

中腰で重い物を運んだり、ゴルフやテニスの素振りのように腰を強くひねったり、長時間の座り仕事や運転など。これらに共通して言えるのは、背骨に負担をかけるということです。これらの動作を繰り返し行うことが、椎間板ヘルニアの原因となることがあります。

椎間板の老化

椎間板は20歳を過ぎた頃から、だんだんと弾力性が欠けていくと言われています。これが進行することで、ちょっとした動作による衝撃や圧迫に耐えられず、髄核が突出しやすくなります。こうなると、先に述べた日常生活での動作が引き金となり、椎間板ヘルニアが引き起こされる原因となるのです。

骨の老化

加齢によるものもありますが、偏食によるカルシウム不足が骨粗しょう症や骨の変形を引き起こし、ちょっとした衝撃で骨が欠け、椎間板を潰してしまうケースがあります。

姿勢の悪さから来る背骨・骨盤の歪み、ズレ

悪い姿勢で偏った動作を繰り返すと、背骨や骨盤がズレやすくなります。骨盤がズレてしまうと背骨(腰椎)も傾くことになります。
骨盤がズレると→それを支えようと体が歪む→さらに骨盤がズレる→体が歪む→歪みの悪循環になります。
その結果、何度も前述していますが、椎間板内部から飛び出したり、腫れたりした髄核が神経根を圧迫して発症して痛みにつながります。