早期治療をめざす

完全脱出型になってしまったら、外科手術しか道がない

早期治療は、痛みの期間が短くなるだけでなく、費用も少なくて済みます。また椎間板ヘルニアは合併症があったり、他の病気との見極めが難しいことがあります。少しでも痛みやしびれを感じたら、早急にお医者さんに行きましょう。
椎間板から髄核が完全に離れてしまったら(完全脱出型)、前述したようにデメリットがいっぱいある外科手術しか道がありません。そこまで進行する前に手を打ちましょう。私は完全脱出型の一歩手前の脱出型でした。もう少し受診が遅れていたら、PLDDでは治らなかったのです。保存的治療である長期の牽引はかえって症状を悪化させることは前述しました。早期にPLDDを受けることは、椎間板ヘルニアの悪化を招かない唯一の方法なのです。

ブロック注射や牽引は一時しのぎにいかならない

薬や湿布で治る程度の椎間板ヘルニアなら良いのですが、ほとんどの人はそれでは完治しません。忘れた頃に痛みやしびれが戻ってきます。病院でブロック注射や牽引を受けるようになったら、PLDDを検討した方が良いでしょう。痛みの伝達をブロックするブロック注射や腰部周辺の筋肉の緊張を和らげる牽引は一時しのぎに過ぎません。
私も、もう少し早くPLDDを受けていたら、あんなに苦しまなくて良かったのに、と後悔で一杯です。今は何の痛みもなく、楽しい毎日を送っています。勿論、仕事も絶好調です。忙しいからと病院に行くのを先延ばしにしないで、早期治療を受けましょう。それがいたずらに症状を悪化させない近道なのです。