ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

ヘルニアとストレスの関係

腰痛に悩む患者の大半は、腰椎椎間板ヘルニアのように検査で原因を特定できる腰痛でなく、ストレスや生活習慣などが原因の腰痛であるとされています。 日常的な不安や結婚生活での不満、うつ状態、仕事上のトラブル、その他にも腰の痛みに対する恐怖といった様々なストレスは、慢性的な腰痛の原因になるだけでなく、腰椎椎間板ヘルニアの症状を悪化させる原因でもあります。

ストレスが原因の腰痛に安静は不要?

腰椎椎間板ヘルニアによって発症している腰痛であれば、ヘルニアをそれ以上に悪化させないためにも、安静にしておくことが必要なこともありますが、日常的なストレスや痛みに対する不安といった精神的な原因による腰痛の場合、必ずしも安静にしておくことが良いとは限りません。

安静にし過ぎることで生じる悪循環

腰痛を改善する上で、腰への負担を軽減することは重要です。しかし、日頃のストレスや、普段の生活で悪い姿勢を続けていたり、ひんぱんに重たい荷物を持ったりするようなことが原因の腰痛であれば、必ずしも安静が腰痛改善にベストな選択ではありません。

ストレスによる腰痛発症

日常的なストレスや生活習慣によって、腰痛が発症することがあります。また、このような腰痛は、ストレスが解消されたり生活習慣が改善されたりしない限り、完治は難しいとされています。

腰痛に対する不安と筋肉硬直

腰の痛みを悪化させたくないと考えたり、次はいつ腰痛が発生するだろうかと不安を抱えたりすることは、自然な反応です。

しかし、腰痛を過剰に心配するあまり、本来は問題のない行為や動作であっても避けてしまいがちになることがあります。するとその結果、筋肉が使われなくなって硬直し、腰の動きがさらに悪くなってしまいます。

行動が制限されることによるうつ傾向

思い通りの行動ができなくなることで、精神的負担が多くなったり、ストレスが解消できなくなったりして、うつ傾向が強まります。そしてさらに腰痛が悪化し、やがて慢性的な腰痛になることも少なくありません。

腰痛の改善には前向きな気持ちが大切

過度に腰を心配することは大きなストレスです。そのため、ストレス性の腰痛の改善には、むしろ心配しすぎこそNGです。

普段の姿勢や腰の使い方といった生活習慣を見直した上で、人間関係や仕事上のストレスについて解消できる部分から対処していき、前向きな気持ちで毎日を送ることが、最重要な腰痛対策といえるかも知れません。

こんな場合は医師の診断を

単なる腰痛だけでなく、安静時でも腰の痛みや下半身のしびれがある、歩行障害がある、姿勢の変化で明らかに痛みが増加する、排尿・排便障害があるというような場合、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの可能性があり、速やかに専門医の診察が必要です。

当サイトでは椎間板ヘルニア治療の名医を紹介しています。もしも自分が腰椎椎間板ヘルニアかも知れないと思った時は、一人で不安を抱えてストレスをためる前に、まずはヘルニア治療の名医へ相談してみましょう。

ヘルニア手術の名医を紹介

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報