ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

ヘルニアの種類

腰や頚椎の椎間板ヘルニア、鼠径ヘルニアなどさまざまなヘルニアの種類をご紹介します。

働き盛りに多い椎間板ヘルニア

ヘルニアにはいろいろな種類のものがあります。代表的なものとその特徴を紹介します。

腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)

脊椎の椎間板の髄核が飛び出したり、椎間板が膨らんで突出することにより、突出部位周辺の神経を圧迫したり炎症が起きて、腰痛だけでなく下肢の痺れ、疼痛、筋肉低下を起こします。坐骨神経症を伴うのが特徴です。20歳代~40歳代の働き盛りに多く腰痛の代表的病気の1つです。治療の基本は保存的治療ですが、保存的治療で効果が見られなかったり、膀胱直腸障害や重度の神経症状の場合は、手術が行われます。

頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)

30歳代から50歳代前半を中心に働き盛りの世代によく見られるヘルニアです。頚椎とは、頭を支える役目をしている骨で、椎骨の1種です。初期段階は首が痛んだり肩凝りがひどくなるといった局所的な症状から始まります。多くの場合、上半身に症状が見られますが、神経が広範囲に渡って圧迫されていると下半身まで症状が及ぶケースがあります。治療の基本は保存的療法です。

胸椎ヘルニア

胸椎ヘルニア(胸椎椎間板ヘルニア)とは、背中のあたりにある胸椎で起こるヘルニア。頬部の神経根の損傷、脊髄損傷による症状が現れます。具体的には、背中やわき腹周辺の痛み、下肢のしびれや筋力低下、触覚障害など。重度になると、膀胱・直腸・生殖器などにも問題が発生することもあります。腰椎ヘルニアに比べると進行はゆっくりですが、重度になった場合の治療は手術しかありません。

横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアとは、胸部と腹部の間にある横隔膜という膜に裂孔(れっこう)が生じ、周辺の臓器(胃・小腸・大腸・肝臓・脾臓など)が飛び出してしまう病気。生まれつき裂孔がある先天性と、何らかの原因で穴があく後天性のものがあります。症状として見られるのは、皮膚の変色(青白くなる)・呼吸困難・逆流性食道炎など。先天性・後天性ともに救急疾患であり、手術によって臓器を元に戻し、横隔膜を修復する必要があります。

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは、食道が通る穴に胃の一部分が入り込んでしまう病気。食道裂孔を支える筋肉が加齢などで弱くなったり、喘息・慢性気管支炎・肥満などで腹部の圧力が高くなると起こりやすくなります。食道裂孔ヘルニアの3大症状は、胸やけ・胸痛・つかえ感。胃酸が食道へとあがってくる、逆流性食道炎を併発することが多くなっています。基本的には胃酸を抑える薬物療法が選択されますが、効果が見られない場合は手術となります。

鼠径ヘルニア

本来ならお腹の中にある腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気で、「脱腸」とも呼ばれています。鼠径ヘルニアには、「外鼠径ヘルニア」と「内鼠径ヘルニア」があります。鼠径ヘルニアは、年齢を問わず患者の80%以上が男性で、特に40歳代以上の男性に多いのが特徴です。腹圧のかかる作業や立ち仕事に従事する人に多く見られ、便秘、前立腺肥大、肥満、咳の多い人や妊婦も発症しやすいと言われています。

脳ヘルニア

脳ヘルニアとは、血種・浮腫・腫瘍などによって、本来の位置から脳が押し出されている状態。場所が脳だけに症状も重篤で、意識障害・判断力低下・呼吸障害・循環障害・瞳孔異常などが見られます。ごく軽症であれば薬物療法で脳圧を下げることも可能ですが、多くの場合は開頭手術となり、血種などの除去が行われます。処置が遅れると命の危険にもつながるため、注意が必要です。

腰椎ヘルニアの治療法とは

腰椎ヘルニアの治療法とは

頚椎ヘルニアの治療法とは

頚椎ヘルニアの治療法とは

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報