ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)

頸椎椎間板ヘルニアは、頭を支えている首の骨(頸椎)において、骨と骨の間でクッションとして機能する椎間板が飛び出し、神経根や脊髄を圧迫して様々な症状を引き起こす病気です。

頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)の症状

頸椎椎間板ヘルニアの症状としては、首や肩の痛み、手や腕のしびれ、肩こり、頭痛、眼精疲労など、首と肩を中心とした様々なものが挙げられます。また、服のボタンを留めにくくなったり、箸を使いにくくなったりと、日常生活の中で違和感を覚えることもあるでしょう。

その他、症状が悪化するにつれて、慢性的で強い痛みが現れるようになるだけでなく、深刻な神経障害が引き起こされるようになり、放置すれば下半身の運動障害や排尿障害へつながるケースも珍しくありません。

頸椎椎間板ヘルニアでは、頭を動かしたり、首を後ろへ反らせたりすることで頸椎がさらに圧迫されて、痛みやしびれが強くなることも特徴です。

頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)の検査

頸椎椎間板ヘルニアが疑われる場合、速やかに整形外科を受診して、専門医による診断や必要な検査を受けることが大切です。

問診・触診

整形外科を受診すると、まず医師による問診・触診を受けます。

頸椎椎間板ヘルニアではヘルニアのサイズだけでなく、自覚症状の程度や日常生活への影響度合いによっても、保存療法が選択されたり手術が必要になったりするので、気になる点について正しく医師へ伝えることが肝心です。

画像検査

問診や触診などによる診断に加えて、検査機器を用いた画像診断も重要です。

椎間板ヘルニアの画像検査では、椎骨と椎骨の間にある軟組織(椎間板)の状態を観察することが必要になるため、一般的に磁力で体内を細かく撮影するMRI検査が行われます。

また必要に応じて、骨の状態を確認するためのレントゲン検査や、神経の状態を確認するためのCT検査など、その他の画像検査が併用されるかも知れません。

頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)に有効な治療

保存療法

頸椎椎間板ヘルニアでは、症状が軽度の場合、首をサポートするコルセットを装着したり、痛みを緩和させる注射やビタミン剤の内服が用いられたりと、ひとまず保存療法で経過観察が行われます。また日常生活で不便が生じないよう、運動療法やリハビリが行われることもあります。

レーザー治療(PLDD法)

サイズが小さく、軽度なヘルニアに対しては、医療用レーザーを使った手術が可能です。

局所麻酔を用いて、最小限の範囲の皮膚だけを切開して行われるレーザー治療は、患者への負担が少なく、日帰り手術も可能とメリットが多い反面、専用機器やそれを扱う医師の高度な技術が不可欠です。

内視鏡手術(MED&PED法)

中~重度の椎間板ヘルニアの場合、全身麻酔下で内視鏡を用いた手術が行われることもあります。

レーザー治療ほどでないものの、内視鏡手術も患者への負担が少なく、入院期間も短くなりますが、やはり専用機器や医師の技術が重要になるため、実施できる医療機関は慎重に選ばなければなりません。

ヘルニア手術の切開術(LOVE法)

全身麻酔下で、ヘルニアが発生している部分の皮膚や筋肉を切開し、ヘルニアを除去する方法です。椎間板ヘルニアの手術法として、全国的に行われている従来の方法であり、治療効果も高い一方、患者への負担が大きく、入院期間も長くなりがちというデメリットがあります。

ヘルニア手術の名医を紹介

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報