ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは、食道と胃のつなぎ目として横隔膜に空いている穴(食道裂孔)が広がり、腹部にある胃が胸部にまで入り込んでしまっている状態です。

食道裂孔ヘルニアの原因

そもそも、人の体は横隔膜によって胸部と腹部が分けられており、食道と胃はそれぞれしっかりと横隔膜に固定されています。そして、食道が横隔膜を通る穴が食道裂孔です。 食道裂孔ヘルニアは、老化による影響や肥満、喘息による腹圧上昇などが原因で、食道裂孔が緩み、胃が胸部へ入り込んでしまう状態です。

食道裂孔ヘルニアの症状

食道裂孔ヘルニアでは自覚症状がないケースも多く、気付かずに過ごしている患者は少なくありません。

しかし、食道裂孔ヘルニアによって胃酸が逆流しやすくなり、胸の違和感や不快感といった逆流性食道炎が引き起こされることもあります。

また、食道裂孔ヘルニアには複数の型があり、型ごとに症状も異なります。

滑脱型ヘルニア

食道の下部で胃酸の逆流を防いでいる筋肉が弱まり、食道が閉じにくくなって逆流性食道炎が起こりやすくなる型です。逆流性食道炎による胸やけや起こったり、口の中に酸っぱい味を感じたりするようになりますが、ヘルニアの状態が軽度であれば自覚症状がない場合も珍しくありません。

傍食道型ヘルニア

比較的レアな型であり、逆流性食道炎は起こりにくい反面、胃が圧迫されてみずおちの辺りに痛みを感じたり、食べ物を飲み込みにくくなったりという症状が現れます。

混合型ヘルニア

滑脱型ヘルニアが悪化したヘルニアです。逆流性食道炎の頻度が多くなる上、胃が圧迫されて血行不良が起こったり、胃潰瘍が引き起こされたりするため、手術による治療が必要になります。

複合型ヘルニア

特に高齢者の女性に多いとされる型であり、加齢によって背骨が曲がることで、胸の辺りが圧迫されて、食道裂孔が広がってしまうことが原因とされています。複合型ヘルニアは、傍食道型ヘルニアの進行形でもあり、胃が全て食道側へ入り込んでしまっている状態です。

胃が心臓や肺を圧迫したり、胃がねじれて胃軸捻転へ進行したりするため、命を失う危険もあります。

食道裂孔ヘルニアの検査

胃カメラ

口や鼻から胃カメラ(内視鏡)を挿入して、胃の中の状態を目視で観察します。

胃バリウム検査

バリウムを飲んでX線撮影をして、食道や胃の形を診断します。

CT検査

CT検査によって、体内の様子を精密に撮影し、胃の状態を確認します。

食道裂孔ヘルニアに有効な治療

特に症状がない場合、治療は必要ありませんが、ヘルニアが大きい場合や症状の程度が強い場合は治療が必要です。

制酸薬(PPI)による治療

逆流性食道炎の症状に対しては、まず胃粘膜を保護して、胃酸による影響を緩和する、制酸薬による治療が行われます。

食道裂孔ヘルニアの手術

制酸薬を使っても症状が改善されなかったり、食道裂孔ヘルニアによる臓器の圧迫や嚥下障害があったりする場合、手術による治療を検討しなければなりません。

食道裂孔ヘルニアの手術は、開腹手術によって胃を元の場所に戻す「ヘルニア還納」、広がってしまった横隔膜の穴を塞ぐ「食道裂孔縫縮」、胃酸の逆流を防ぐ「付加的逆流防止手術(ニッセン手術)」が、それぞれ組み合わせて行われます。

また、現在は開腹せず、腹部の数カ所に開けた穴から内視鏡を挿入して手術を行う、より患者への負担の少ない腹腔鏡手術も一般的です。

ヘルニア手術の名医を紹介

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報