ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)

腰の辺りにある背骨(腰椎)において、骨と骨の間でクッションとして働く椎間板が飛び出し、神経を圧迫して様々な症状を引き起こす病気が、腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニアの症状や検査、手術法などについて解説します。

腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)の症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、慢性的な腰痛を始めとして、下半身のしびれ・マヒ、感覚の鈍化などが代表的です。また、足を動かしたり態勢を変えたりすることで、痛みやしびれが強くなることもあります。

その他、腰椎椎間板ヘルニアが深刻化すると、歩行障害や運動障害へつながるだけでなく、排尿障害や排便障害といった症状が現れることもあり、その場合は早急な治療が必要です。

腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)の検査

問診・触診

腰椎椎間板ヘルニアでは、自覚症状の程度や進行具合によって、保存療法による治療が進められるか、手術による治療が必要になるかなどが判断されます。

そのため、客観的には手術が不要と思われるようなケースであっても、本人が非常に強い痛みやしびれを感じている場合、速やかな手術が望ましい場合もあり、自覚症状や気になる部分について、医師へ細かく相談することが欠かせません。

また診察では、医師がベッドに横たわった患者の足を動かして症状の変化を観察する下肢伸展挙上テストや、下半身の筋力測定、腱を叩いて反応を見る腱反射テストなど、複数の検査法が複合的に行われます。

検査機器による画像診断

椎間板は骨と骨の間にある軟組織であるため、椎間板ヘルニアの画像診断では、骨を撮影する通常のレントゲンでなく、磁力を用いて体内を撮影するMRI検査が重要になります。

ただし、腰痛などの症状は他の病気によっても引き起こされるので、より詳しく検査するために、レントゲンやCTなどによる画像診断が行われることもあるでしょう。

腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)に有効な治療

腰椎椎間板ヘルニアでは、症状が軽度である場合、運動療法や薬剤を使った保存療法が用いられることもあります。しかし保存療法で効果が見込めない場合や排尿障害などがある場合は、手術が必要となります。

レーザー治療(PLDD法)

PLDD法は、局所麻酔下で医療用レーザーを用いて行われる手術法です。 軽~中度の椎間板ヘルニアが対象となり、重度のヘルニア治療では行えないものの、皮膚の切開範囲が少ないので患者への負担が少なく、日帰り手術も可能です。

ただし、PLDD法は専用の医療機器が必要なだけでなく、充分な技量を持つ専門医でなければ手術を行えないため、注意しなければなりません。

内視鏡手術(MED&PED法)

MED&PED法とは、全身麻酔下で内視鏡を用いて行われる手術法です。

適応となるのは中~重度の腰椎椎間板ヘルニアであり、PLDDよりは皮膚の切開範囲が広くなるものの、従来のヘルニア手術に比べると低侵襲であり、入院期間も短くなることが一般的です。ただし、MED&PEDもまた、専用機器や専門医による高度な技術が必要になります。

後方椎間板切除術(LOVE法)

LOVE法は、全身麻酔を行えないケースを除いて、全ての腰椎椎間板ヘルニア患者に対して行える、一般的な手術法です。

技術を持った整形外科医がいれば、全国の医療機関で受けられるというメリットがある反面、皮膚や筋肉を剥がす工程などが必要で、患者への負担が大きいというデメリットもあります。

ヘルニア手術の名医を紹介

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報