このドクターなら安心・安全!【手術法別】ヘルニア手術の名医ファイル » ヘルニア手術の切開術(LOVE法)を詳しく解説

ヘルニア手術の切開術(LOVE法)を詳しく解説

椎間板ヘルニアの標準的な手術法であるLOVE法について解説しています。

どんな症状に向いているか

LOVE法とは後方椎間板切除術と呼ばれるもので、腰椎椎間板ヘルニア手術では一般的な術式。全身麻酔を行えない場合を除き、すべての椎間板ヘルニアの方に適用されます。ちなみにLOVEとは、この術式を考案した方の人名です。

LOVE法は特殊な医療機器が必要ないため、医師の技術さえあれば、どの医療機関でも受けられるのが特徴。患部を切開し、医師が直接ヘルニアを確認しながら切除を行います。この他にも、内視鏡を用いてヘルニアを摘出する「マイクロLOVE法」があり、こちらの方が患者の身体的負担や入院期間などが少なくなります。どちらも保険適用の手術です。

LOVE法の施術方法と流れ

LOVE法は全身麻酔下で行われます。腰椎椎間板ヘルニアの場合は、まず背中の皮膚を4~5cmほど切開。次に脊椎のうしろにある椎弓(ついきゅう)についている筋肉を剥がし、さらに椎弓とヘルニアの間にある靭帯(黄色靭帯)を切り離していきます。

この靭帯を切り離すと、神経根の下に飛び出しているヘルニアが確認できるため、神経根を傷つけないよう細心の注意を払いながらヘルニアを切除していきます。

メリット・デメリット

LOVE法のメリットは、医師が患部を直接見ながら手術を行うため、確実にヘルニアを切除できるという点。LOVE法によって椎間板ヘルニアの手術を受けると、患者の約90%に症状の改善が見られ、日常生活に戻れるといわれています。

デメリットとして挙げられるのは、皮膚の切開・筋肉を剥がすなどの工程で、侵襲される組織が大きくなるということ。術後の筋力や関節の動きに低下が見られやすくなるため、入院期間も長くなりがちです。

手術時間

30分~1時間半程度

入院期間

術後の経過観察やリハビリを行うため、2週間ほど入院することになります。

麻酔の範囲

全身麻酔

術後のケア

退院後も定期的に通院し、リハビリを続けます。仕事に復帰できるのは、術後約4週間くらい経ってから。経過観察は1~1年半くらい行います。

LOVE法の口コミ

LOVE法以外のヘルニア手術法

内視鏡を用いた手術(MED&PED法)、レーザー治療(PLDD法)など、ヘルニア治療にはさまざまな方法があります。ライフスタイルと相談して自分に合った手術法を選びましょう。

入院なし・傷跡なしのレーザー治療

比較的軽度の症状のヘルニアであれば、レーザーによる治療がおすすめです。他の治療法と違ってメスで切開をする必要がないので、傷跡がほとんど残らず、身体への負担が極限まで軽減されているのが特徴。少し安静すれば入院も必要ありませんので、その日のうちに帰宅できます。

レーザー治療(PLDD法)の
名医&専門医院を見る

レーザー治療(PLDD法)の
名医&専門医院を見る

比較的傷跡が小さくて済む内視鏡手術

内視鏡が侵入する分の傷跡だけで済むので、比較的人体への影響が出にくい内視鏡手術。長ければ1週間ほどの入院が必要ですが、軽度から重度まで受けの広いヘルニア治療法です。

内視鏡手術(MED&PED法)の
名医&専門医院を見る

内視鏡手術(MED&PED法)の
名医&専門医院を見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報