【部位別】椎間板ヘルニアの治療方法

部位別の椎間板ヘルニアの原因と、具体的な治療法について解説しています。

椎間板ヘルニアの検査方法

ヘルニアとは、体の臓器や組織が本来の位置から飛び出て(脱出)している状態のこと。椎間板ヘルニアとは、椎間板の中にある髄核という組織が外へ出てしまっているものを指します。椎間板ヘルニアになると、首や腰などに痛みやしびれを感じますが、診断のためには画像検査や神経学検査が行われます。

画像検査
MRIやCTといった検査機器を用いて、痛みの原因となっている部分を撮影し、診断を行います。とくにMRIは軟組織(筋肉や神経など)も鮮明に撮影できるため、椎間板ヘルニアの検査や診断には必須とされます。
神経学検査
筋力や感覚などに異常がないかどうかの検査。腰や首の神経に関与する筋肉の機能を1つ1つ確認すると同時に、皮膚の感覚も確認。筋力の低下や感覚のマヒがないかを総合的に診て、椎間板ヘルニアの診断に役立てます。
椎間板ヘルニアは自然治癒することもある症状ですが、万が一悪化した場合は、思わぬ全身症状に見舞われることもあります。首か腰どちらの部位であっても、何かしらの異常・不安がある場合は、早めに専門医へ相談するようにしましょう。

腰椎ヘルニア

腰椎の椎間板が破れて髄核が飛び出し、神経を圧迫している症状を「腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)」と呼びます。代表的な症状は、足や腰やおしりの痛み、しびれ。これらは坐骨神経痛と呼ばれており、腰椎ヘルニアを発症している方の多くに見られます。

腰椎ヘルニアの原因は、長時間にわたり腰に負担をかけ続けること。日常生活や仕事でのダメージが蓄積して起こることが多いため、予防をするには生活習慣などの見直しが重要です。治癒しない場合は手術療法となりますが、症状別に治療法が変わってくるため、どんな方法があるかをチェックしておきましょう。

腰椎ヘルニアの治療法とは

頸椎ヘルニア

腰椎ヘルニアと同じような症状が、首の頸椎で起こるものを「頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)」といいます。主な原因は老化で、加齢とともに椎間板の機能が劣化することで起こりやすくなります。

軽度の場合は、レーザー治療(PLDD法)、中度~重度になると切開を伴う手術法(MED&PED法)での治療が行われます。ただし、あまりにも症状が悪化している場合を除き、まず最初にとられるのは保存療法です。これらの治療法や予防法についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

頚椎ヘルニアの治療法とは

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報