ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

頸椎ヘルニアの治療法とは

頸椎ヘルニアが起こる原因と治療法、再発を防ぐためのポイントについて解説しています。

頸椎ヘルニアとは

頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)とは、首の部分でヘルニアが起こった状態です。

首にある頸椎は、7つの骨で構成されています(上から第一頸椎、第二頸椎…という具合)。そして、それぞれの頸椎の間にあり、クッション的な役割をしているのが椎間板。この椎間板が何らかの原因で破れ、中にある髄核という組織が外へ飛び出し、神経を圧迫することで発症するのが頸椎ヘルニアです。

頸椎椎間板ヘルニアの症状

頸椎椎間板ヘルニアの症状は、ヘルニアがどの程度のレベルで神経を圧迫しているかによって、大きく異なります。そのため、症状の内容を冷静に見極めることは、頸椎椎間板ヘルニアの進行具合を判断する上で欠かせません。

首・肩への症状

肩こり、首から背中へと広がる痛み、前胸部痛といった諸症状は、まず頸椎椎間板ヘルニアで一般的に見られる症状です。特に、頭を後方へ倒した時に痛みやしびれが強まる場合は、注意しましょう。

腕・手への症状

主に片側の腕の痛みや倦怠感、手のしびれやむくみ、手先の感覚の鈍化、腕の筋力や握力の低下といった症状も、頸椎椎間板ヘルニアの主な症状です。また、体勢や首の位置によって、痛みの強度が異なることもあります。

頭部・顔面への症状

後頭部や頭部全体に広がる痛み、目の奥の痛みや目の疲れ、目の充血、耳鳴り、めまい、吐き気、脳梗塞など、神経障害が進行すれば深刻な症状が現れることも珍しくありません。

下半身への症状

頸椎椎間板ヘルニアの症状がいよいよ悪化すれば、腰や足の痛みやマヒ、歩行障害、排尿障害といった、下半身への症状が現れます。ここまでいくと、手術などで早急に対処しなければならない場合もあるでしょう。

頸椎ヘルニアの発症原因

頸椎ヘルニアの原因と考えられているのは、まず老化現象による椎間板の機能低下です。頭を支える頸椎は常に負荷がかかっているため、体の組織の中でも比較的劣化が進みやすい部分。年とともに椎間板が劣化・変形することで、ヘルニアが発症しやすくなるといわれています。そのほか、猫背など姿勢の歪み・クセ・外傷・スポーツなどで発症することもあるため、若い年代でも注意が必要です。

頸椎ヘルニアを発症すると、まず現れるのが、首の動かしにくさや肩こりなどの首や肩の痛み。次に腕や手の痛みやしびれ、むくみなどが現れ、力が入りにくくなったり、細かい作業をしにくくなるといった神経根の障害のトラブルが出始めます。

さらに進行すると下半身に症状が発展し、足がもつれるなどの歩行障害や頻尿・残尿・尿失禁といった、脊髄障害による全身症状が起こることもあります。首のあたりの鈍痛が続く用であればヘルニアを疑い、早めに検査を受けるようにしましょう。

重症度別の最適治療法

軽度~中度:PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)

頸椎ヘルニアでは、まず薬物療法などの保存療法で改善を試みるのが基本。しかし、一定期間保存療法を続けても効果が見られない場合、PLDD法などの手術療法が選択されます。PLDD法とは、細い針やレーザーファイバーを使って髄核にレーザーを照射し、内圧を下げる治療法。切開法に比べて侵襲度が低いのが特徴で、縫合や基本的に入院の必要はありません。

中度~重度:LOVE法・MED法

中度から重度の頸椎ヘルニアになると、LOVE法やMED法などの治療法が選択されます。LOVE法(後方椎間板切除術)とは、椎間板ヘルニアの一般的な治療法として知られる手術。切開・組織の剥離など侵襲度が高く、体への負担は大きくなりますが、確実な改善効果が期待できます。MED法(内視鏡下腰椎椎間板摘出術)は、内視鏡を用いてヘルニアを除去する手術。侵襲度は低いですが、非常に高い技術力を必要とするため、特定のクリニックでしか治療を受けられません。

頸椎椎間板ヘルニアの保存療法

基本的に、頸椎椎間板ヘルニアではまず保存療法が試みられます。頚椎椎間板ヘルニアの保存療法では、ネックカラーという保護器具を装着して首の動きを制限し、安静を保った上で、痛みや炎症を抑える薬剤やビタミン剤による治療、運動療法などが行われます。

ただし、頚椎椎間板ヘルニアの保存療法は、痛みやしびれが軽度な段階で用いられる治療法です。痛みが激しかったり筋力の低下がひどかったりする場合、手術が必要になります。

予防・再発防止のためにすべきこと

頸椎ヘルニアを予防するためには、首に負担をかけないよう、正しい姿勢を保つことが重要です。アゴを引き、背筋をピッと伸ばした姿勢を基本とし、立っているときや座っているときなど、どんなシーンでも正しい姿勢を心がけましょう。

また、就寝時の枕選びも大切。高さと柔らかさが適切で、自分の頸椎のカーブに合わせた形の枕を選ぶようにしましょう。オーダーメイドやセミオーダーメイドなどで、自分にピッタリの枕を作るとより効果的です。

頸椎椎間板ヘルニアに関する注意点

頚椎椎間板ヘルニアになった場合、首に直接的な負担をかけないということの他にも、注意すべきポイントがあります。

生活習慣の見直し

日常的な喫煙習慣は、ヘルニアの発症リスクを増大させるといわれており、注意しなければなりません。また、近年は特にスマホの普及に伴って、ずっと手元を見下ろしている姿勢を取るようになり、頚椎椎間板ヘルニアのリスクを上げる要因とされています。

遺伝的要因

ヘルニアには遺伝的要因も関わっているとされており、家族にヘルニア患者がいる人は特に注意する必要があります。

マッサージ

肩や首のこりがひどいからと安易にマッサージを受けた結果、症状が深刻化したケースも少なくなく、注意すべきポイントです。

レーザー治療(PLDD法)の
名医&クリニックを見る

レーザー治療(PLDD法)の
名医&クリニックを見る

内視鏡手術(MED&PED法)の
名医&クリニックを見る

内視鏡手術(MED&PED法)の
名医&クリニックを見る

切開術(LOVE法)の
名医&クリニックを見る

切開術(LOVE法)の
名医&クリニックを見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報