ヘルニア手術の手術法別の名医ファイルはこちら

腰椎ヘルニアの治療法とは

腰椎ヘルニアの原因と治療法、日常的に行いたい予防法についてまとめています。

腰椎ヘルニアとは

脊椎は、頸椎・胸椎・腰椎・仙骨で構成されていますが、そのうちの腰椎でヘルニアが発生したものを腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)と呼びます。椎間板ヘルニアの約80%を占めているのが特徴です。

腰椎は5つの椎骨でできており、椎骨と椎骨の間には、衝撃を和らげるクッションとして椎間板があります。この椎間板の中にあるゲル状の組織(髄核)が外に飛び出してしまうと、神経が圧迫され、下肢(腰・臀部・足)に痛みやしびれなどの症状が現れるのです。この痛みやしびれは坐骨神経痛と呼ばれ、腰椎椎間板ヘルニアに見られる代表的な症状となっています。

また、痛みのために背骨が曲がったり(疼痛性側弯)、重いものを持つと痛みが強まるといった特徴もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、代表的なものがいくつか挙げられます。

腰から下半身へと広がる痛み

腰から臀部、太もも、すねへと広がっていくような痛みやしびれは、腰椎椎間板ヘルニアの症状の代表例です。一般的には左右どちらかに偏って症状が現れますが、両側に現れることもあります。

また、これらの痛みやしびれは、体勢の変化や咳、くしゃみなどのきっかけによって、強まることが特徴です。

下半身の感覚の鈍化や筋力の低下

足の感覚が鈍くなったり、足の筋力が低下したりすることもまた、腰椎椎間板ヘルニアの症状として典型例です。

また、特にヘルニアが悪化して筋力の低下が進行した場合、歩行に障害を来すこともあります。歩行障害にまで進行している腰椎椎間板ヘルニアは、自然に治癒を望むことが難しく、日常生活に危険も生じるので、速やかに専門医へ相談しましょう。

排尿障害

腰椎椎間板ヘルニアの症状が進行すると、激しい痛みや強いしびれに伴って、尿が出にくくなることがあります。このような排尿障害は、ヘルニアによる神経圧迫が進行している証拠とも考えられます。そのため、排尿障害があると疑われた場合、早急に医療機関を受診することが欠かせません。

腰椎ヘルニアの発症原因

腰椎ヘルニアの原因として挙げられるのは、日常的な動作(姿勢など)・加齢・遺伝的要因(生まれつきの体質や骨の形など)。その中でもとくに注目されているのが、日常的な動作です。

普通に座る、立つといった動作をするだけでも、椎間板には体重の約2.5倍の負荷がかかるといわれています。そのため、中腰での長時間作業や長距離運転、重いものを持ち上げるなどの、腰に負担のかかる動作が多ければ多いほど、腰椎ヘルニアになりやすくなるといえます。

職業でいえば、長距離のトラック運転手やタクシー運転手、同じ姿勢をとり続けることの多いデスクワーク、スポーツ選手や機械業労働者などがヘルニアになりやすいといわれています。

重症度別の最適治療法

軽度~中度:PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)

PLDD法は、椎間板に極細の針を刺し、ファイバーでレーザーを椎間板内に照射。髄核を蒸発させて空洞を作り、内圧を低下させることで改善を試みる治療法です。比較的軽度の腰椎ヘルニアに適用される方法で、傷などがほとんど残らず、仕事や日常生活への復帰が早いのが特徴です。ほとんどの場合は日帰り治療でOK、術後すぐに改善効果が見られることもあります。

中度~重度:LOVE法・MED法

腰椎ヘルニアの症状が悪化した場合は、切開法や内視鏡での手術が適用されます。LOVE法はヘルニア手術の中でも歴史が古く、治療の実績や症例数が豊富。背部を比較的大きく切開するため、術後の回復は遅くなりますが、確実にヘルニアを除去することが可能です。

MED法は内視鏡下腰椎椎間板摘出術と呼ばれる方法で、内視鏡を使用してヘルニアを摘出する治療法。LOVE法に比べると切開部分が小さくて済むため、術後の回復が早め。ただし、専用の器具と専門的な技術を持った医師の力が必要となります。

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法とは、投薬治療や牽引療法、コルセットの使用、ブロック療法など、飛び出てしまったヘルニアを除去したり小さくしたりするのではなく、ヘルニア症状を軽減させることを目的とした治療法を指します。

腰椎椎間板ヘルニアに関しては、時間の経過と共に症状が落ち着いてくることも少なくありません。そのため、特に症状の強い期間を保存療法によって乗り越えて、じっくりと自然治癒を待つ場合もあります。

予防や再発防止のためにすべきこと

腰痛ヘルニアを予防するには、長時間にわたって同じ姿勢をとり続けないことが大事。日常の何気ない動作だけでも、腰椎には想像以上の負担がかかっているものです。長時間のデスクワークや運転をする場合は、こまめに休憩を入れてストレッチをするなど、腰への負担を軽減するよう心がけましょう。

また、姿勢も重要です。椅子は高すぎると腰を痛めるもとになるため、股関節よりも膝が少々高めになるくらいに高さを調整し、背筋を伸ばして座るようにしましょう。車を運転するときは、背もたれに背中がピッタリとつく状態で運転できるようシートを調整。腰の部分を支えるクッションなどを利用するのも良いです。

ものを拾ったり持ち上げたりなどの動作をするときは、腰をしっかりと落としてから行うこと。腰をひねったり、中腰体勢はNGです。

腰椎椎間板ヘルニアに関する注意点

腰椎椎間板ヘルニアに関して、運動習慣や日常的な動作などの他にも、注意すべきポイントがあります。

喫煙習慣

腰椎椎間板ヘルニアに関する調査において、紙巻きタバコを毎日10本吸うことで、ヘルニアの発症リスクがおよそ20%も上昇するという報告もあります。そこで、日常的な喫煙習慣の見直しは、腰椎椎間板ヘルニアの予防や改善を考える上で重要です。

遺伝的要因

腰椎椎間板ヘルニアの発症に関しては、遺伝的要因も関わっていると考えられており、身内にヘルニア患者がいる場合は注意しましょう。

マッサージ

腰や背中が痛いからといって、不用意にマッサージやあんまを受けることで、症状が悪化することもあり、気をつけなければなりません。

レーザー治療(PLDD法)の
名医&クリニックを見る

レーザー治療(PLDD法)の
名医&クリニックを見る

内視鏡手術(MED&PED法)の
名医&クリニックを見る

内視鏡手術(MED&PED法)の
名医&クリニックを見る

切開術(LOVE法)の
名医&クリニックを見る

切開術(LOVE法)の
名医&クリニックを見る

ヘルニア手術の施術法別
名医ファイル

ヘルニア手術のおすすめ名医情報